生活情報

忘年会を休む方法!参加必須の会社反対!大人の対応でキレイに欠席

投稿日:

忘年会に行くのがめんどくせー!!年末に近づくに連れて迫ってくるのが忘年会。今年も11月下旬となり忘年会シーズンに差し迫ってきましたが、友人同士ならまだしも会社の忘年会ってめんどくさいとか、億劫になりますよね。今回はそんな忘年会を休む方法として大人の対応で欠席する方法を紹介したいと思います。


忘年会をスムーズに休む方法は?

では早速ですが、この記事を読まれているという事は身近に迫った忘年会に対して
[check_list image="check3-r"]

  • 嫌だなぁ~
  • めんどくせー
  • 行きたくない~

[/check_list]

という感じで、
[icon image="arrow3-r"]「どうにか忘年会に行かなくて良い方法はないか?」
と探している状態の方だと思います。

[icon image="check-b-r"]
僕が過去に務めていた会社では、
[check_list image="check3-r"]

  • 忘年会費用が自己負担(会社負担ではない)
  • 毎回会社の休日にある(翌日は仕事)
  • 最低2次回、基本3次回までと拘束時間が長い

[/check_list]
他にもあげればキリがないくらい、本当にめんどくさい会社だったので思い出しながら書いてる現在、なんかイライラしてきました(笑)

僕の同僚にはお酒をまったく飲めない人もいたので、ウーロン茶しか飲まないのに飲み放題の料金を一律払わされているのも可哀想だな~と思ってました。

それを知ってる上司も、その子らに
「酒美味しいから飲めないの可哀想に・・・」

と言わなくても言い事を酔っ払って言ってたので、言葉は悪いですがほんとクソでしたね!笑

ちょっと話がそれましたが、こんな感じで忘年会に行きたくない、なんか上手く欠席する方法はないかと?と考える気持ちは充分分かりますので、僕が実際に使った

[icon image="arrow3-o"]揉めない忘年会の休み方を紹介したいと思います。

忘年会欠席に使える代表パターン

だらだらと、あれやこれやと書くと「結局結論は?」と僕なら思ってしまうのでまずはざっくりと忘年会に使えるパターンを先に紹介します。

[colored_bg color="light‐yellow" corner="r"]世間一般の方達はこういう方法で忘年会の欠席理由にしているという代表例なので、参考にはなるかと思いますが、それを言った結果というのは、あなたのお勤めの会社によって変わってくると思いますので、一つの参考例としてまずは見てみてください。[/colored_bg]

忘年会欠席の理由パターン①

[icon image="arrow3-o"]正直に行きたくないと話す
これは賛否両論分かれると思いますが、それで納得してくれる会社(後々めんどくさくならない)ならこれが一番大人の対応で、お互いスッキリする方法です。

[check_list image="check3-o"]

  • お酒が飲めないから
  • 人が多いのが無理だから
  • タバコのニオイが無理だから
  • ちょっと最近疲れてて

[/check_list]

などその時の感情というか思いついた理由を素直に話して、事前に欠席を伝えておけば幹事の方が余計に予約してキャンセルしたりという手間が省けるので、相手(会社)が大人であれば一番キレイにことが運ぶパターンです。

忘年会欠席の理由パターン②

[icon image="arrow3-o"]当日、もしくは翌日が冠婚葬祭で休む
正直に話して「は?」と嫌な顔をされると想定される場合は、何かしらの用事で忘年会を休む必要があると伝えないと、なかなか納得してもらえないですよね。

この時に、
[icon image="check3-r"]ちょっと用事があるんで・・・
[icon image="check3-r"]明日は友達と・・・

なんて言うと、「会社の行事なんだから!」と怒られるパターンが想定されます。僕はこのパターンでした(汗)

[icon image="arrow1-r"]なので、事前に忘年会の日付が決まっている場合は
「すみません、その日は結婚式がありまして・・・」

[icon image="arrow1-r"]めったにないかと思いますが、当日「今日忘年会な!」と決まった場合は
「明日結婚式があって朝から新幹線で・・・」

というのがオススメです。
ただ用事があるよりも、冠婚葬祭の方が重要度が高くなるので会社側「それなら仕方ない」と言わざるを得ません。

忘年会欠席の理由パターン③

[icon image="arrow3-o"]体調不良で当日欠勤、もしくは早退

これはちょっと大人としては・・・という気がしますので奥の手的な方法ですが、忘年会の当日に朝から体調不良(風邪とか)で休む、もしくは具合が悪いので病院に行きますという流れで早退するという方法です。

[colored_box color="red" corner="r"]成功率を上げるために、前日から体調が悪い感を出しておくのが良いですが、やってる事はドタキャンに近いので、忘年会の会場の予約のキャンセルなど幹事に手間をかける為、良い顔をされないという可能性が高いのがネックです。[/colored_box]

ただ、会社の忘年会というのは基本1年に1回なのでどうしても行きたいくないという場合は、僕はアリだと思います。その代わり、通常の仕事の時はその欠席の時に与えたかもしれない嫌なイメージを払拭するために仕事はめっちゃ頑張ります。

基本的にはこの3パターン

基本的に、忘年会を休むとなればこの大きくわけてこの3つの中のどれかになるかと思います。
個人的にオススメなのは、パターン②の冠婚葬祭ネタで欠席するというパターンですが、当時僕が勤めていた会社は、結婚式の招待状を見せろと言われましたからね(汗)

[icon image="point-b-r"]
あなたの会社がどんな感じかは分かりませんが・・・絶対休みたいからと嘘を重ねて理由をしゃべりすぎるとボロが出るかもしれないというのは注意した方が良いかもです^^:

[colored_bg color="light‐yellow" corner="r"]僕はこれまで4つの会社で働いてきましたが、ここで例に挙げてる1社意外は全て結婚式を理由に忘年会の参加を断ることができて、その後もなんのトラブルも無かったので個人的には鉄板の忘年会欠席パターンです。[/colored_bg]

ただあくまでも「どうしても行きたくない!」 という時なので、僕も毎回行かないわけではありません。ちゃんと行くべき時は行くし、行きたいと思える会社もあるので、そこのさじ加減も難しいポイントかもしれませんね。

高等テクニック!?去年の忘年会を休んだ必殺技

これは去年の忘年会を休むために僕が使った、見る人からすれば「とてもせこい技」なのですが、一つの例として参考になればと思い紹介したいと思います。

[icon image="point-b-r"]
これを使うとどうなるかというと、自分ではなく会社側忘年会を休んだ僕に申し訳ないという気持ちになるというものです!
※自分で言うのもですがせこいです。

ただ、忘年会を休んだにも関わらず変な気を使ったり気まずくなるというのは無いので今度からこのパターンでいこうと思っています!

これが再現できるシチュエーション(条件)は
[check_list image="check3-o"]

  • 最低でも3週間ほど前から忘年会の日程が決まっている
  • 同僚、上司とコミュニケーションが自然に取れる(仲が良い)
  • ある程度のポジション(役ではない)にいて認められている

[/check_list]

こんな感じでしょうかね。
分かりやすくする為に条件的なものを書きましたが、基本的に普通に仕事ができてみんなと仲がよければ問題ないと思います。

それでは早速、僕が去年実際にやった忘年会の休み方の必殺技を紹介しますね。

流れとしては、
[icon image="arrow3-o"]①忘年会を休む理由は結婚式
[icon image="arrow3-o"]②基本的には忘年会を楽しみにしている雰囲気を出す
[icon image="arrow3-o"]③でも結果的には行かない

この流れでいきます。

手順①

会社で予定通り二週間~一ヶ月前に忘年会の案内がきたらまずは、そこで結婚式があるから行けないという主旨を伝えます。この時のポイントとしては

「あっその日は無理です」
という冷たい感じではなく、

「あ~その日結婚式なんですよね~」と言って相手の出方を待ちます。
この時に会社側は「了解!じゃあ欠席にしとくね!」と物分りが良ければそれで終わりですが、ちょっと渋る様な雰囲気であれば、

「ちょっと1回紹介状みて確認します」
と一旦結論を延ばすことで、その話をリセットします。

翌日・・・
結論は変わらないので、
「やっぱり結婚式と重なってるので今回は残念ですが・・・」
と行けない事を悔やむかの様に欠席の主旨を伝えます。

[colored_bg color="light‐yellow" corner="r"]こうやって1日置くことで、一度確認したという信憑性と昨日のワンクッションのおかげで会社側も「しかたないか」という気持ちになりやすくなります。[/colored_bg]

手順②

ここからは会社の雰囲気に左右されるので、これを見て「微妙・・・」と感じる方は辞めてくださいね。僕の会社の場合では有効だったので紹介しておきます。

手順②の忘年会を楽しみにしている雰囲気ですが、
行かないとは言ったものの、
「どんな料理なんだろうね~」
「あ~みんなで酒飲みてぇ~」
「今年も仕事頑張ったからガッツリ飲みたいよね」

という話を自然と織り交ぜていきます。

本来なら「お前忘年会こないだろ?」と思われて終わると思われるかもしれませんが、ある程度人間関係が出来てれば、「忘年会にこれなくて可哀想」と思われます。

[colored_bg color="light‐yellow" corner="r"]これはみんながみんな忘年会が嫌と思っているのではなく、楽しみにしている人がいるからですね。今回は忘年会に行きたくない!という視点で書いてるので混乱しがちですが、忘年会を楽しみにしている側からすれば、忘年会にこれない僕を可哀想と思うという事です。[/colored_bg]

手順③

という事で、忘年会を欠席するまでの間はちゃんと仕事も頑張って普通に過ごしていれば特に問題は起こらないはずなので、当日は有給で休むので前日には

[icon image="check3-r"]有給で休んで申し訳ない
[icon image="check3-r"]忘年会を休んで申し訳ない

という事をしっかり伝えて無事忘年会に行かなくてすむという事です。

[icon image="check-b-r"]
その後は?
ここが一番のポイントですが、このパターンで忘年会を休むと次の出勤日に言われるのはどちらかのパターンです。

パターン①お前こなくて正解だったよ
パターン②これなくて本当もったいない

[icon image="arrow1-r"]「パターン①お前こなくて正解だったよ」
の場合は、よっぽど最悪な忘年会だったという事なので、こなくて正解だったよという文字通り、行かなかったことを責められる事はありませんね。

更に言えば、そんな印象の悪かった忘年会なんて誰もネタにしないので話題からも外れて、欠席した事実すらも忘れていきます。

嫌味っぽく「お前はいいなぁ~」と言われるかもしれませんが、結婚式という前提があるので大人なら仕方が無いという結論で収まります。

[icon image="arrow1-r"]「パターン②これなくて本当もったいない」
これが狙いという成功パターンですが、とりあえず忘年会が盛り上がって楽しかったというパターンですね。この場合は、そんな楽しい席にいなくて可哀想という流れになります。

この時に返す言葉は
「マジかよ!行きたかったー!」

これで、自分が休んだという事実よりも、参加した側が楽しめたという優越感の方が高くなるので、来れなかった人に対して「なぜ来なかったの?」よりも、

[icon image="check3-o"]来れなくて残念だったね...
[icon image="check3-o"]来年は皆で楽しもうね!

というフォローされる感じになるんです。

なんかこれを書いてて、せこいな~と自分で思うのですが実際に僕も試して一番平和的に終わったのと、これを教えてくれた先輩や実際僕の友達も使って上手くいったという声が多かったので、ブログのネタにしてみました。

[colored_bg color="light‐yellow" corner="r"]やり方を間違えると、口だけ男とか狼少年みたいな印象を与える危険があるので、一応高等テクニックかな?とは思いますが、ある程度の会社でのコミュニケーションが取れていれば自然にできるのではないかと思います。[/colored_bg]

入社間もないとか新人のうちは参加した方が良い

最後に、ここまで散々忘年会を休む方法について書いてきましたが、基本的には人間関係の構築の場として忘年会はとても良いきっかけになります。

[colored_bg color="light‐yellow" corner="r"]会社の規模にもよりますが、他の部署や同僚との親睦など仲良くなるには良いきっかけになります。普段話せない上司ともお酒の席だからフランクに話せたりなんかもありますよね。[/colored_bg]

そこで上手いこと自分をアピールできれば、仕事をもらえたり出世という道も見えてくるかもしれません。

そして新卒など、社会人デビューという場合であれば「大人としての我慢を覚える時期」でもあるので、最低でも新人のうちは嫌でも参加しておくのが今後の為には良いかなと個人的に思います。

今回紹介した僕の忘年会を休む方法なんかは特に会社に馴染んでいる状態で効果を発揮するものですし、新人のうちから休むというのはどうしても良い顔はされないと思うので・・・

とは言っても、あまりにも我慢してストレスがやばかったり、鬱とかなってしまったらもっと大変なのでここは、うまいことバランスを考えて大人の行動を考えてみるしかないですね。

忘年会を休む方法についてのまとめ

という事で今回は忘年会シーズン間近という事で、忘年会が嫌でたまらないという方向けに、忘年会の欠席をスムーズにできる方法を実体験を元に紹介してみました。

最後のまとめとしては、
[icon image="arrow3-o"]幹事に迷惑をかけない為に早めに言う

というのが一番大事だけど、休んだことによって気まずくなるのは避けたいという方は、当たり前の事(事前報告、仕事は頑張る)を基本に乗り越えてみてください。

イレギュラーパターンで、僕の過去の会社の様に日曜日とか休日にしか忘年会をしないだとか、社員の事を全く考えていない会社の場合は開き直ってドタキャンもありかとは思いますが、そういった会社はその後特に自分が苦しむことになるので、そのリスクを背負えるかという判断になりますね・・・

今回の記事が忘年会を休む方法の参考やヒントになれば幸いです。

-生活情報

Copyright© メンズサベッジ , 2018 All Rights Reserved.