男性の肌トラブル、悩み

顔の匂いが臭い?鼻や額から嫌なにおいが気になる30代男性の対処方法

更新日:

ふとした時に鼻やおでこを触って手をにおってみると、嫌なにおいがしますよね?変なにおいというか、臭くて不快なにおいですが、なんでこんなニオイがするんだろうと気になりませんか?今回は男性の顔のにおいの改善方法を調べてみました。


おそらくこれは自分でしか分からないと思いますし、他人にはよほど接近しないと気付かれないと思います。でもやっぱり自分だとただ呼吸するだけでも、気になる事もありますよね。

今回はこの鼻を中心とした顔のニオイの対策を考えていきましょう。

どんなにおいがする?

まずは変なにおいと言ってもどんなニオイなのか調べてみました。

  • 古い雑誌
  • 腐ったチーズ
  • ろうそく
  • 押入れのにおい
  • 便のにおい
  • 油臭い

と言ったように個人差もあると思いますが様々なにおいがするようです。

管理人
寝起きなどに、顔を触るとヌルっとする感じで、それを匂うと嫌なにおいがしますよね。

原因は何?

なぜそんなニオイがするのか原因について調べてみた所、様々な要因が考えられました。

老化による酸化と加齢臭
洗顔のやりすぎ

管理人
男性の場合、大きく分けてこの2つが原因として考えられます。

それでは一つずつ見ていきましょう

老化による酸化と加齢臭

30代で老化?と疑問に思うかもしれませんが、老化に限らず食生活や生活習慣で体は酸化していきます。

この加齢臭も実は酸化が関係しているんです。

嫌なにおいの原因はノナネール
皮膚の油に含まれる脂肪酸が空気に触れることで酸化することにより、このノナネールが発生するわけですが、これが悪臭の原因となります。

このノナネールは顔だけじゃなく、

  • 頭皮
  • 脇の下
  • 背中

からも発生するので加齢臭の場合はこちらも注意が必要です。

管理人
他にも人間の体には汗を分泌するエクリン腺という腺が全身にあります。

この汗も実際に出た時点は無臭なのですが、空気に触れたり、皮膚の汚れや細菌と混ざることで酸化し嫌なにおいを発生させます。

洗顔のやりすぎ

これについては、顔の油が気になる事から洗顔をガンガンやったりすることで、肌に傷がついていたり、顔に必要な油を取り過ぎている可能性があるという事です。

顔の油(皮脂)は、肌を守る上で必要なものなので、これが不足すると体『もっと出せー!』と更に多くだそうとします。

そのせいで、皮脂の過剰分泌となり、この皮脂が酸化することで嫌なにおいが発生するという事です。

酸化って何?

今回の記事でポイントとなる酸化ですが、簡単に言うと『体が錆びる』というイメージです。
歳を取るにつれてこの酸化から体を守る抗酸化作用が減少することで、その結果発生する悪臭にに悩むという事です。

簡単にできる対策と改善方法は?

この嫌なにおいに対する対策としては、

  • 皮脂(顔の油)の分泌を抑える
  • 酸化を防ぐ

ということがポイントになります。

管理人
そもそも皮脂の分泌については完全止めることができません。

というのも、洗顔の所で少し書いた通り、肌を守る働きがあるので皮脂は必要不可欠なんですね。

肌を守るというのは、水分を保つことで乾燥を防ぐという事もあり、できることは皮脂を取りすぎることで起きる過剰な分泌を防ぐくらいです。

管理人
酸化を防ぐという事に関しては、3つのお手軽な方法があります。

適度な運動(有酸素運動)をする

管理人
最低でも30分以上歩くなど有酸素運動をすることで酸化を抑える事ができます。

更に、定期的な運動をすることで、体の老廃物が溜まりにくくなることから汗のにおいも軽減することができます。運動すると汗をかくから汗臭くなると思っていたらそれは大間違いです。

そして、運動をすれば脂肪も燃焼するの脂肪分が関係する加齢臭に関しても軽減することが可能です。

食生活で酸化を防ぐ

管理人
酸化の対策は簡単に言うと、肉より野菜を食べましょうという事です。

酸化を防ぐ抗酸化作用を高める食材は果物と野菜に多いので食生活を変えるだけでもにおいの軽減に効果があります。

具体的な食材
ピーマン、かぼちゃ、にんじん、ほうれん草、玉ねぎ、トマト、ナス、りんご、キウイ、みかん、いちご、すいか、ハマチ、うなぎ、大豆や豆腐などの発行食品も良い

気をつけてほしい注意点

ここまで顔のにおいについての対策を書いてきましたが、コンビニなどで簡単に買える『油とり紙』には注意が必要です。

ニオイはもちろんの事、鼻やおでこのてかりが気になる事から、油とり紙でふき取るというのは普通の事なんですが、上で書いた通り油を取りすぎると皮脂の過剰分泌につながります。

油の取りすぎってどれくらい?

この目安としては、8割取って2割残すのが良いと言われています。とは言ってもどれくらいが8割なのかの判断も難しいし、油とり紙自体がそれ専用のものなのでどうしてもゴッソリとれてしまいます。

管理人
そこでオススメなのは、ティッシュを使うということです。

ティッシュで軽く拭くだけでも余分な油はとれますので、今まで取りすぎてたかも?と思ったら一度試してみてください。

まとめ

男性の顔のニオイという事で、額や鼻を触ったりこすったりする時の嫌なにおいについて書いてきましたが、においの要因としては、酸化、加齢臭、汗など複数の要素が絡むことが分かったと思います。

最終的には酸化がポイントとなるのですが、適度な運動と食生活で軽減可能ですので気になる方は試してみてください。

管理人
こちらの記事もオススメ

30代からはじめるメンズスキンケアの3つのポイント!夏冬はここが重要

スキンケアという言葉は女性がやることだと思っていましたが、30代になり男の僕もメンズスキンケアを考える様になりました。特 ...

サプリなどで抗酸化作用を高めるものがありますが、男性という事で今回はサプリには触れませんでした。
今後良いものがあればこちらも紹介していこうと思いますが、基本的には自然に生活習慣を整える形で改善するのが個人的には理想です。

-男性の肌トラブル、悩み
-

Copyright© メンズサベッジ , 2018 All Rights Reserved.