イベント

母の日に贈る花の選び方は?予算別で母の日のオススメのフラワーギフト

更新日:

2017年の母の日は5/14日の日曜日という事で休日だからお祝いもし易いですね。母の日の定番のプレゼントに花がありますが、花によって意味が違ったり、フラワーギフトの様々な価格相場があります。そこで、母の日の花の選び方やフラワーギフトのオススメについて書いて行きたいと思います。


母の日に贈る花は何が良い?

母の日に贈る花について、花が持つ意味から見ていきましょう。母の日のプレゼントに贈る花にはこれらが選ばれます。

[check_list image="check3-r"]

  • カーネーション
  • スイートピー
  • ユリ
  • ガーベラ
  • チューリップ
  • バラ

[/check_list]

カーネーション

母の日に赤色のカーネーションは昔からの定番ですが、赤色には『母への愛』という花言葉があります。その為赤が定番なんですね。他にも

[icon image="point-b-r"]
[icon image="check1-r"]ピンク:感謝
[icon image="check1-r"]オレンジ:純粋な愛情
[icon image="check1-r"]青:永遠の幸福

という風に色によって様々な意味があります。ここで気をつけないと行けないのが、贈ってはいけない色です。

[check_list image="check3-r"]

  • 黄色:軽蔑
  • 濃い赤:私の心に悲しみを
  • 白:亡くなった母を偲ぶ

[/check_list]

という意味を持つものがあります。母の日は日頃の感謝の気持ちを伝える大切な日なので、これらには注意してくださいね。

スイートピー

スイートピーの花言葉は『優しい思い出』という事から、母の日にはピッタリです。子供からお母さんに私ても、奥さんに渡しても思い出の意味を持つので良いですよね。見た目も可愛い花なので、花束に混ぜても良い感じです。

ユリ

黄色いユリには、『飾らぬ美』という花言葉があり、個人的にはいつまでもそのままでいてね、キレイなままでいてねという気持ちを込めて贈りたいなと思います。見た目から存在感のあるユリは花束にするのも良いですね。

ガーベラ

丸くて可愛いガーベラは、その見た目から元気を与えると言われています。ずっと元気でいてねという気持ちなら赤、黄色は親しみ、ピンクなら愛情という事で、これらを混ぜてフラワーギフトを作ると、とても良い事が詰まったプレゼントになります。

チューリップ

子供の頃に母親と一緒にチューリップの歌を歌ったことはありませんか?チューリップは愛という意味を持つ花で、お母さんにとっても子供にとっても親しみのある花ではないでしょうか。母の日にチューリップというのは、個人的にはとても素敵だと思います。

バラ

母の日に限らず、女性にバラを贈るシーンは多いですよね。母の日なら、赤かピンクのバラがオススメです。というのも、赤には愛情、ピンクには感謝という意味がありますので母の日にはこの二つがベストマッチとなります。

母の日にオススメのフラワーギフトは?

母の日は毎年ありますので、いつもプレゼントを贈っている人なら決めているものがあるかもしれませんが、僕は毎年できるだけ違ったものをあげげたい派なんですよね。

僕の母の日のプレゼントの選び方としては、まずはじめに

[check_list image="check3-r"]

  • 何を贈るか決める
  • 予算を決める
  • プレゼント探す

[/check_list]

という流れで選んでいます。おそらく皆さん同じ様な感じだとは思いますが、一つ一つ商品を探しながら選ぶのは大変なので、今回は花、つまりフラワーギフトを例にして簡単に探して選ぶ方法を紹介します。

大体の目安やどんな商品があるのかは、いつもここで探します。
[icon image="check-b-r"]
⇒母の日の花ギフトを予算別で探す

ここを見ることで、

[icon image="check1-r"]2,999円以下
[icon image="check1-r"]3,000円~3,999円以下
[icon image="check1-r"]4,000円以上
[icon image="check1-r"]8000円以上

と1万円以内の予算なら探しやすくなります。僕の場合1万円以上のプレゼントを探す場合は、花ではなくて旅行などを探すのでその場合は、母親の好きな場所や行ってみたい場所などを聞いてプランを組んでみてください。

母の日の由来とは?

最後にコラムとして、母の日がなぜ始まったのか?という由来について紹介したいと思います。

母の日の始まりは、1905年にとある少女が母親を亡くしてしまい、お母さんが生きているうちに『母親に感謝する日』を作ろうという活動をした事に由来がありました。この活動が、アメリカで広がり、約10年後の1914年に、5月の第二日曜日を『母の日』と制定し国民の祝日として決まったという事です。

日本では、1950年前後からこの風習がスタートしたと言われています。アメリカの少女アンナが、亡くなった母に贈ったカーネーションが白だった為、ここで二つに分かれることになります。

[icon image="finger1-r"]母が亡くなっている場合は白
[icon image="finger1-r"]母が生きている場合は赤

冒頭で紹介した花言葉ではなく、アメリカではこの様に分かれていました。しかし、その結果、白いカーネーションなら母親がいないと見て分かる為、子供の心を傷つけてしまうという事から、更に10年後の1960年に日本では赤に統一という形になっています。

そもそも、日本では亡くなった人には菊という風習がありますからね。

まとめ

母の日のプレゼントに花を贈る場合の選び方について、花言葉や花自体の印象や意味を紹介しつつ選び方の参考にしてもらえればと思います。ここで紹介した花以外にもお母さんが好きな花なら喜ばれると思いますので、僕的には、親子、夫婦で思い出のあるものが一番良いのではないかと思います。

[icon image="arrow1-r"]こちらもオススメ
⇒母の日に花ではなく温泉旅行を贈るならどう選ぶ?

-イベント

Copyright© メンズサベッジ , 2018 All Rights Reserved.