生活情報、雑学

酒を飲んだら顔が赤くなるの理由は?これを防ぐ為の対策方や上手な飲み方

更新日:

お酒は嫌いじゃないけど、すぐ顔が赤くなるから嫌だな~と思っている人は僕の周りにも多いのでこれで悩んでる方は多いと思うんですけど、顔が真っ赤になるのは恥ずかしいですよね。そこで今回は、赤くならないお酒の飲み方などこれらの対策について書いて行きたいと思います。


酒を飲んだらなぜ赤くなる?

お酒が苦手のと言う人の中には、『すぐ顔が赤くなるから嫌だ』という人もいれば、好きだけど顔が赤くなって恥ずかしいと悩んでいる人がいますよね。顔に限らず目も充血ってなんて人もいますが、僕は基本的にお酒は好きですし、顔も周りの人が言うにはそんな赤くならない様です。

そこで、

  • お酒を飲んで顔が赤くなる人
  • お酒を飲んで顔が赤くならない人

について何が違うのか調べてみました。

赤くなる人はなぜ?

お酒、つまりアルコールを摂ると、肝臓で分解された後アセトアルデヒドという有害物質が作られます。

有害物質という事ですが、お酒あるあるの

  • 二日酔い
  • 吐き気
  • 頭痛

などを引き起こす物体なんですね。

そして、このアセトアルデヒドは更に分解されて、最終的には炭酸ガスと水に分解される事で、体に害がないという状態になります。

つまり、この分解がスムーズにいかない場合は、血液の中に有害物質が残り続けることから二日酔いなどになってしまうということなんです。

そして、血液中のアセトアルデヒドが増えることで血管が拡張することから顔が赤くなるというのが、お酒を飲んだら顔が赤くなる理由となります。

赤くならない人は分解能力がすばらしい!

お酒を飲んで顔が赤くなる人は、アセトアルデヒドの分解が上手にできないのがその理由でしたがので、逆に赤くならない人はここがしっかりできているという事ですよね。

酒を飲んでも顔が赤くならないお酒の飲み方

お酒をもともと受け付けない、苦手という方は仕方ないですが、中には普段は全然赤くならないのに、今日はおかしいなと思う方もいると思います。

結論100%赤くならない方法は無い!

寝不足、疲労、体調不良などその日によってこれらの変化があります。

管理人
しかし軽減する方法はありますので、今後の飲み会などで注意してみるとちょっとは改善されると思います。

ポイントは、酔っ払わないという事です。まぁお酒を飲めば酔うのは当たり前なので酔いにくい飲み方をするという事ですね。

お酒に酔いにくい5つの飲み方のポイント

空きっ腹でお酒を飲まない
胃に何も入っていない状態だと、アルコールが吸収されるスピードが早くなり血液中のアルコール濃度が急激に上がります。これが酔っ払う状態なんですが、胃に何かしら入っていればその分吸収の速度を遅くすることができるということです。

飲み会前にウコンの力、へパリーゼなどを飲む
ウコンに含まれるクルクミンがお酒から胃を守ってくれるという事で、個人差はあると思いますが僕の場合は飲む飲まないで全然違います。飲みタイミングについては、飲み会の一時間前が理想とされています。

牛乳やチーズなど乳製品を食べてから行く
飲み会前に牛乳を飲めば、胃に膜をはって酔いにくくなるという話がありますが、それは医学的案根拠は無い様ですね。つまり牛乳は空きっ腹を回避するという意味です。逆にチーズはアルコールの分解を助けるオルニチンを含むので多少は効果がありますが、少量だと微妙なのであくまでも気分的な安心感くらいで考えるのが良いと思います。

飲み会中もお酒だけでなく、水などをこまめに飲む
飲み会中にひたすらお酒を飲み続けるのではなく、料理も食べて、水やウーロン茶などを組み合わせながら飲むことで、最初に挙げた急激な血中のアルコール濃度の上昇を抑えることができますので、酔い防止につながります。

一気飲みなどはせず、少しずつ飲む
これも急激な血中のアルコール濃度の上昇を抑えるという意味です。

オルニチンで更に対策

お酒を飲んでも顔が赤くならない様にする為には、

アセトアルデヒドの分解

がキーポイントになります。この分解に関しては、肝臓にあるALHDという酵素の働きになるのですが、更に分解効率を高める為に、『オルニチン』という成分が役に立ちます。

オルニチンとは?

体内にあるアミノ酸で、有害物資の代謝や肝臓の保護、タンパク質の合成などの働きをするものです。更に肝臓内の、

  • 栄養素の分解と合成
  • 解毒作用

これらの効果がある為、今回の件にとても役立つ成分という事です。

オルニチンが多く含まれる食べ物

身近なものでは、これらにオルニチンは含まれています。

  • チーズ
  • シジミ
  • ヒラメ
  • エノキ
  • キハダマグロ

しかし、これらを食べただけではそこまで対して多くのオルニチンを摂取できません。この中ならシジミが一番多く含まれて居ますので、シジミの味噌汁などがオススメです。

オルニチンを本格的に摂りたいという事であればサプリがオススメです。

管理人
こちらの記事もオススメ

2日酔いに効く?牡蠣侍サプリの口コミ!亜鉛と二日酔いの関係とは

先日職場の先輩(40代男性)から最近、飲み会の次の日がだるいという話を聞いてその場で二日酔いの薬とかオススメない?という ...


⇒2日酔いに効く?牡蠣侍サプリの口コミ!亜鉛と二日酔いの関係とは

まとめ

今回はお酒を飲んだら顔が赤くなるという悩みについて、酔っ払いにくお酒の飲み方などから対策方法を紹介しましたが、酒に強い弱いもありますが、その日の体調などに左右される要素があるので、100%顔が赤くならない方法はないと思います。

それでもチーズやシジミ、サプリなどからオルニチンを摂取したり、ゆっくりお酒を飲む事で限りなく軽減できるので、悩んでる人は次回の飲み会などで試してみてはいかがでしょうか

-生活情報、雑学

Copyright© メンズサベッジ , 2018 All Rights Reserved.