ライフ

入学祝いのお返しとマナーは?やっては行けない事を知っていますか?

更新日:

子供の入学祝いを受け取って、お返しはいいからね!と言われてもなんか心苦しい、本当に返さなくて良いの?という疑問が浮かびますよね?今回は、このお返しに関するマナーについて書いていきたいと思います。


入学祝いってそもそも?

僕は友人から何かと調べものを頼まれる事が多く、今回も子供の入学祝いを頂いたんだけど返さなくて良いのか調べて!と言われた事から現在に至ります。

30代で初めての子供の入学式という事でマナーや礼儀が良く分からないという事なんですよね。そこで、今回調べた事をまとめて行きますので、この記事が同じ様な方の参考になればと思います。

[icon image="check-b-r"]
※ただ、ここで紹介するのはあくまでも一般的な事なので、お住まいの地域など独特な風習がある場合はそちらを優先してください。

入学祝は返さなくて良い?

基本的には入学祝は返さなくて良いというのが一般的な流れだそうです。しかし、もらったけどそれに対する感謝の気持ちを返したいという方も多いですよね。

[icon image="point-b-r"]
という事で、結論から書いていきますが3つのポイントがあります。

[icon image="finger1-r"]金額の相場
[icon image="finger1-r"]お返しをする時期
[icon image="finger1-r"]渡す時のマナー

とりあえずこの3つを抑えて置けば、入学祝のお返しのマナーはバッチリですのでしっかり覚えておいてください。

お返し金額の相場は?

ここが一番悩むポイントですが、一般的にはお祝いで頂いた物の半額から30%前後が目安となっています。つまり、10000円前後のお祝いの場合は3000円~5000円というのが相場ですね。

お返しに選ばれやすい一般的なものは
[check_list image="check1-b"]

  • コーヒー
  • タオル
  • 洗剤
  • お菓子セット

[/check_list]

などの日常生活で使いやすいギフトが人気です。

しかし、もらった物の金額って正確には分からないと思います。これについて、とりあえず商品名などでインターネットで調べてある程度の価格を調べてからが安心です。

ただ基本的には、入学祝にお返しはしなくて良いという認識が強いのでそこまでシビアになる必要はないと考えて大丈夫です。あくまでも気持ちが大事です。

お返しをする時期

こちらに関しては、入学式が終わってから1ヶ月以内というのがポイントです。これについては、最低でも1ヶ月以内!という事なので、できるだけ早く、入学式が終わってまだその空気感がある時の方が良いです。

一般的に小学校や中学校の入学式は、4月6~10日前後となりますがここで考えるなら翌週の週末や入学式が終わって一段落したタイミングがベストですね。

お返しを渡す際のマナー・礼儀

このお返しを渡す時のマナーとしては、ここがポイントです。
[check_list image="check3-p"]

  • 直接会ってお礼を伝える
  • 子供と一緒にお礼を伝える
  • 子供が書いた手紙などを一緒に添える

[/check_list]

基本的に頂いてすぐお礼の連絡はするのが常識ですが、宅配で届いた場合でもかならず電話にてお礼は伝えましょう。ラインやメールは失礼です。その後、無事入学式を終えたら可能な限り子供と一緒に相手方に直接お礼を伝えるのが良いです。


そして、お返しギフトなどと一緒に、子供の直筆のメッセージカードなどを一緒に書くのが良いですね。『ありがとう』などまだ覚えたての文字を一生懸命書く事で感謝の気持ちが伝わります。学生服、制服を着た入学式の写真なども一緒に同封するのも良いですね。子供から直接というのが喜ばれるポイントにもなります。

入学祝いのお祝い返しでやってはいけない4つの事

ここまでで、入学祝のお返しでのマナーや礼儀、ルールについて紹介しましたが、最後に逆にやってはいけない事を紹介します。基本的な事なので、大丈夫だとは思いますが、ここで失敗すると大変なのでしっかり押さえておいてください。
[check_list image="check2-o"]

  • 入学シーズンから時間が経ち過ぎ
  • お祝いよりも高い金額でのお返し
  • 家族、本人以外に頼む
  • 包装、梱包無しで送る

[/check_list]

入学シーズンから時間が経ち過ぎ

身内や親戚からの入学祝の場合は、次会った時でいいやなど適当に済ませようと思うかもしれませんが、忘れた頃にお返しするのはとても失礼です。一ヶ月以内と始めの方で書きましたが、基本的には入学後できるだけ早い方が安心です。

お祝いよりも高い金額でのお返し

もらったものより、高額なものを返すと逆に失礼に当たりますし、『そんなつもりじゃなかったのに』『また何かあげなきゃ』と相手方に気を使わせてしまいます。相手はあくまでもお祝いの気持ちで贈ってくれていますので、相場通り+感謝の気持ちでお返ししましょう。

家族、本人以外に頼む

これに関しては書くまでもないと思いますが、友達など本人以外にお礼を頼むのはありえません。贈った側も『なんであなた?』『あなたにあげたわけじゃないよ』と不信感を持ちますし、礼儀とかマナー以前の話になってしまいます。

包装、梱包無しで送る

これも常識だと思いますが、商品がむき出しの状態で渡すのも大変失礼です。しっかり包装してキレイな贈り物として返すのがマナーです。

まとめ

ここまで、入学祝いのお返しのマナーについて紹介してきましたが、最後にもう一度ポイントを抑えておきます。

[check_list image="check1-b"]

  • お返しのタイミングはは入学式から1ヶ月以内(早めの行動)
  • お返しの相場は、30%から50%の金額
  • 子供から直接お礼を伝える
  • 子供の手紙や入学式の写真は喜ばれる

[/check_list]

これが一番重要なポイントです。やってはいけない事に関しては基本的に常識の範囲だと思いますので皆さん分かっていることだと思いますが、身内となれば手を抜く事もありがちな事なので、『親しき仲にも礼儀あり』という言葉で考えると分かると思います。せっかくおめでたくありがたいことなので、関わる方みんなでハッピーになりましょう。

-ライフ
-, ,

Copyright© メンズサベッジ , 2019 All Rights Reserved.