生活情報、雑学

夏本番の前に初夏の熱中症にも注意!こんな症状が出る前の予防方とは

投稿日:

熱中症と言えば、7月~8月の真夏に注意すると思いますが、5月から6月もちょっとタイプの熱中症があることを知っていますか?今回は真夏前の熱中症も危険なので、注意点や対策方法を紹介したいと思います。


5月6月の熱中症ってどういうこと?

まずはじめにこの点からですが、一般的な熱中症と言うのは基本的に体温上昇や脱水症状が原因となり

[check_list image="check3-r"]

  • 頭痛
  • 吐き気
  • めまい
  • フラフラする

[/check_list]

というのが定番ですが、これが悪化して死に至るケースもある怖い症状です。これが一般的な熱中症ですが、今回のテーマとなる5月6月の初夏の熱中症にも注意が必要なんです。

[icon image="check-b-r"]
[icon image="check1-r"]具体的に初夏の熱中症はどんな症状かと言うと、

[icon image="check3-g"]疲労感
[icon image="check3-g"]頭痛
[icon image="check3-g"]吐き気や嘔吐
[icon image="check3-g"]痙攣
[icon image="check3-g"]意識不明

と夏本番の熱中症の症状と同じくらいのレベルで怖いものです。初夏の熱中症を防ぐ為の対策や、なぜこんな事が起こるのか解説していきたいと思います。

初夏の熱中症の原因とは?

それでは早速本題に入っていきますが、今回の熱中症の原因としては大きくわけて二つの要因があります。

[icon image="point-b-r"]
[icon image="arrow3-g"]水分補給のやり過ぎ
[icon image="arrow3-g"]前日との気温差

この二つです。まずは水分補給のやり過ぎという事から見ていきましょう。

水分補給のし過ぎで熱中症!?

熱中症対策の基本として水分補給は当たり前というか必須条件となるのですが、それは真夏のあの暑さがあるからなんです。

5月~6月というのは、春の夏の中間という事でそこまで気温も高くありません。しかし、初夏ということで時には気温が高く暑く感じる日も度々ありますし、当然ですが春から比べると気温は高いです。

その為に
[icon image="finger1-r"]心配だからと水分補給が多くなる

こう行った行動が多くなりがちなのが原因となります。水分補給をやりすぎることで、なぜ熱中症の様な症状が起こるのかというと、

[icon image="arrow3-r"]低ナトリウム血症
[icon image="arrow3-r"]水中毒

を引き起こしてしまう可能性があるからです。あまり聞き慣れない言葉なのでこちらも一緒に紹介したいと思います。

低ナトリウム血症

血液中のナトリウムの濃度が低下する、つまり薄くなった状態の事です。ナトリウムは簡単に言うと塩分のイメージが分かり安いかと思います、熱中症対策に塩を舐めたりするのはこのナトリウムの補給という意味でもあります。

水中毒

利尿作用といいう言葉を一度は聞いた事があると思いますが、こちらも簡単に言えば『トイレに行きたい』という感覚です。コーヒーなどを飲むとおしっこがしたくなるという感覚が、利尿作用が高いという事なのですが、水中毒というのは体の許容範囲である利尿スピードを超えて水分を摂取することで起こる症状です。

利尿できない(おしっことして出せない)状態になると、体内の細胞が過剰な水分で増えることで
す。

[colored_box color="red" corner="r"]つまり、水分を過剰にとることで水中毒になり、その結果体内のナトリウムが薄まる事で低ナトリウム血症を引き起こしてしまうという事です。これが初夏の熱中症の原因として考えられるものです。[/colored_box]

前日との気温差で熱中症になってしまう

水分の摂りすぎでの熱中症は上で書いた通りですが、次に気温差が関係して熱中症になってしまうという事についてです。

[icon image="point-b-r"]
ここでのポイントとしては、
[icon image="finger1-r"]気温が急上昇する日は熱中症になりやすい

というデータがあります。

暑さに対する強さは個人で差がありますが、基本的にこの温度差は体へ大きな負担をかけます。そして、この気温差についての目安ですが、

[icon image="check1-o"]前日との気温差が5℃以上の日は要注意

という事です。

[colored_bg color="light‐yellow" corner="r"]5月は日中が暑くても夜寒かったりするなど、気温の変化が激しいので体調を崩しやすい時期でもあります。季節の変わり目が体調不良を起こしやすいのは、この気温差による体への負担が原因ですので、同じ様に熱中症に関しても、水分補給だけでなくこの気温差に気をつけるのが重要となります。[/colored_bg]

初夏の熱中症はこんな場面に注意

冬は寒くてなかなか野外の運動は億劫になりがちですが、春先から外出しやすい気温になりますよね。そこでスポーツを楽しんで汗をたくさんかけば当然水分補給は必要になるのですが、

あまりにもそれを警戒し過ぎてたせいで水中毒になる方が増える可能性があるという事です。

[icon image="check-b-r"]
目安としては、
軽く汗をかく程度ならガブ飲みせず少量を回数を分けて飲むのが理想ということです。日常の運動量と変わらないくらいの運動量

[icon image="check3-g"]散歩
[icon image="check3-g"]ウォーキング

程度なら過度に水分補給を意識しなくても初夏の場合は大丈夫という事です。

ただあくまでもこれに関しては目安なので、気分が悪かったり、頭痛がしたりなどの熱中症の症状っぽいなと感じた場合は、すぐに休憩をするか病院にいって診断を受けるのが安心です。

[colored_box color="green" corner="r"]僕も過去に、熱中症になった事がありますが『この程度なら大丈夫』と放置した結果、一週間ほど寝込むことになってしまったので、無理せず早めに対処するのが絶対良いです。[/colored_box]

新入社員や新入生は特に注意

4月から大人の場合は新入社員、学生も進学で1年生という事で新しい生活が始まっていると思いますが、会社のスポーツクラブや学校の部活など汗をかくシーンがありますよね。

[icon image="arrow1-o"]会社や学校の先輩達は毎年この流れをやってるので、体力的にも先輩なわけです。

そこに新人が同じメニューをこなそうとしても、体がついてこないので無理して追いつこうとする傾向があると言われています。

[icon image="check-b-r"]
その為
[icon image="arrow3-o"]体への急激な負担
[icon image="arrow3-o"]ストレス

が原因となり、より熱中症にかかりやすくなる可能性が高いと言われています。新生活が始まって3ヶ月も経たない時期なので、生活リズムも安定していなければ余計に注意が必要ということです。

コップ一杯の牛乳で熱中症対策ができる

最後に今回の初夏の熱中症対策にオススメの方法を紹介したいと思います。簡単にできる事なので、是非試してもらえたらと思います。

それは何かと言うと、
[icon image="arrow3-r"]運動後にコップ一杯(約300ml)の牛乳を飲むという事です。
※運動後というのは30分以内が目安です

[icon image="check-b-r"]
その理由としては、牛乳に含まれる成分の『ホエイたんぱく質』というのがポイントとなります。この成分はプロテインにも含まれるものなのですが、これが体内に吸収されることで

[icon image="check1-o"]アルブミンという成分に変わります。

この成分の働きで
[icon image="arrow3-o"]①体内の水分を血液に集める
[icon image="arrow3-o"]②血液の量が増える
[icon image="arrow3-o"]③血行が良くなる
[icon image="arrow3-o"]④汗をかいて体内の熱を逃がしやすくなる

という効果があります。更に、学生さんなど体の成長期の場合は筋肉や骨を作る過程にも良いので熱中症も予防できて一石二鳥ですよね。

牛乳が苦手な方は

とは言っても牛乳が苦手な方には簡単ではないのですが、一応チーズやヨーグルトなどにも同じ原理で代用可能です。

ただスポーツ後にチーズやヨーグルトって・・・
僕は喉を通るイメージがしないので、あくまでも予備知識として覚えておくといつか役立つ時がくるかもしれません(笑)

おまけ:スポーツドリンクは注意

素早い水分補給に!というキャッチフレーズのスポーツドリンクがたくさんありますが、今回の初夏の熱中症対策については、あまりオススメできません。

というのも、スポーツドリンクには
[icon image="check3-r"]糖分
[icon image="check3-r"]塩分

もたくさん入っています。もちろん真夏の炎天下でガンガンに汗をかいてからなら、失った分の補給としては効果的なのですが、5月6月でそこまで汗をかいていないにも関わらず、これらで補給しようとすると

[icon image="finger1-r"]高血圧や糖尿病の心配

がでてきます。これに関しては極論ですので『たまに』くらいなら問題はありませんが、一つの情報として理解して頂ければと思います。

初夏の熱中症予防のまとめ

今回は夏本番の前にも熱中症に似た症状があるということで、初夏の熱中症をテーマに情報をまとめてみました。

最後のまとめとしては、

[colored_box color="green" corner="r"][icon image="check3-r"]過剰な水分補給に気をつける
[icon image="check3-r"]体調が悪いと思ったら休む、もしくは病院にすぐいく
[icon image="check3-r"]スポーツドリンクは汗をたくさんかいた時
[icon image="check3-r"]運動後30分以内の牛乳やヨーグルトで熱中症予防になる[/colored_box]

という事です。

個人的には、牛乳で熱中症予防ができるというのが面白かったですね。もしかしたら温泉などで風呂上りの牛乳にも関連する理由があるのかな?と思ってしまいました(笑)

牛乳での熱中症予防に関しては、初夏も夏本番も関係なくできる方法なので是非とも活かしていきたいと思います。

-生活情報、雑学

Copyright© メンズサベッジ , 2018 All Rights Reserved.