生活情報、雑学

【もう安心】地震時の火事対策はコレ!通電火災を手軽で簡単に解決!

更新日:

ここ最近、日本全国各地で地震が多いですが地震時の火事の対策はできていますか?地震と言えば、物が倒れてくる!という警戒は皆さん分かると思いますが、二次災害として起こる火事もしっかり対策をすれば簡単に防ぐ事ができます。今回は地震時の火事の対策について簡単にできる方法を紹介したいと思います。

地震時の火災のほとんどは通電火災

なんの前触れもなく突然やってくる地震ですが、当然あの揺れる感じはとても怖いです。

  • 物が倒れる
  • 物の下敷きになる

地震による被害では上記2つは特に警戒が必要な事は言うまでもありませんが、その二次災害に当たる「火事」にも当然注意が必要です。

地震によって倒れてきたものに挟まって救助を待つ間、火事になってしまったら・・・と考えるととても怖いですよね。

つまりそれくらい地震時の火事にも対策が必要という事です。

地震時の火事の原因知ってますか?

基本的には、一番ピン!とくるのは、料理をしている時に地震が来て

「火を消せー!!」
という状況だと思います。

しかし、調べてみると地震時の火災の原因は、このキッチンの料理中とは限りません。

との
一番の原因は「電気」と言われています。

ん?電気?
ってどういう事?

そう思った方は要注意です!!
※僕もこれを知ってから恐怖を感じて血の気が引く感覚を覚えました・・・

地震時の火事は電気に要注意!

というわけで、電気が原因となる地震時の火事についてですが、考えられる原因はこれら

があります。

  • 地震で物が落ちて当たることでスイッチが入る
  • 電気ポットなどの電熱製品が何かに接触する
  • 電気コードが切れたりショートする
  • 落ちて壊れてショート、断線する
との
ピンとこない方に分かりやすく言うと、

・ストーブの上に服が落ちる
・ストーブが倒れる
・コンセントに刺してるケーブルが切れて火花を出して出火

このように、地震がきっかけで電気製品に不具合を起こし、そこから発生する熱が火事の

原因になるパターンがとても多いんです。

ちなみに忘れもしない東日本大震災の時の火災の原因についても、
54%が電気関係と調査結果がでています。
※日本火災学会の東日本大震災火災調査報告書より

なので、「地震時の火災の対策は電気!!」
これがとても重要なキーワードになるという事がこの時点で分かったと思います。

冒頭で書いたキッチン関係の火事ももちろん大事ですが、
地震が起こるのは、料理中とは限りません・・・

しかも、まだキッチンの火は見えてるのでまだなんとかなりそうな気がします。

自宅のあちこちにある電気製品、コンセント、これらのどれかが火事の原因になると考え

たらゾッとしませんか?

という事で、これらをどうやって対策するのか!!
ここからが一番大事なポイントです。

地震時の火事の有効な対策!

との
これはズバリ!ブレーカーがポイント!

誰でも一度は見たことがあると思いますが、地震時の火事の決め手はこのブレーカーが肝となります。

部屋中に配置されている電気製品も、このブレーカーを切ってしまえば電気が行かないので完全に無力化できるわけです。

そこで一般的に推奨されているのが「感振ブレーカー」です。
文字通り、振動を感じて反応するブレーカーの事ですね。

あなたの自宅が、そもそも感振ブレーカーであればこれ以上ブレーカーに対する対策をする必要はないのですが、

  • 築年数が長い建物
  • マンション
  • アパート

など建設時に感振ブレーカーになっていない場合は、後付で設置するか簡易型のもので対策するかを選ぶのが得策になります。

でも高いんじゃないの?感振ブレーカーの価格は?

これはお使いのブレーカーなどによって価格が変わるので一般的な相場と通電火災(今回のパターン)の対策にかかる費用を簡単にまとめたいと思います。

分電盤タイプ(内蔵工事):約5~8万円

分電版の内部に地震の揺れを感知するセンサーを設置します。電気工事が必要になるので業者によって費用が変わります。

分電版タイプ(後付工事):約2万円

後付で分電版の隣にセンサーを設置し、地震を関してしてブレーカーを遮断するタイプです。

コンセント工事:約5千円~2万円

コンセント内にセンサーをつけて、地震を感知したら電気を遮断させるタイプです。

という事で、一番効果的な地震時の火事の対策には数万円の費用がかかるという事です。

ただここで気になるのは・・・

大事なのは分かるけどちょっと高い・・・
工事が必要って時間かかるんだね・・・

僕はこう思いました。

なので他になんか無いかな?と探してみると、
もっと安く!もっと簡単に同じような対策ができるものを見つけました!!

地震時の火事の対策はこれで解決!!

どんなタイプのブレーカーにも対応していて、工事も不要、価格も1個3000円ちょっとかなりオススメの地震時の火事対策グッズがあります。

どういう風に使うのか?
どうやって設置するのか?

これらが簡単に分かる2分程度の動画があるのでこちらをまずは見てみてください^^

※本当は約5分の動画ですが、使い方の部分から再生されるようにしています。前半は地震時の火災の注意点や商品の特徴、実績などについての話なので、どんな商品なのか?というのが分かったら最初から見てみるのをオススメします。(巻き戻し可能)

この商品のポイントを一度まとめておきますね!

  • 仕組みが簡単だから緊急時に確実に動作する
  • 消防防災製品推奨品(特許取得済み)
  • ほぼ全てのブレーカーに対応
  • 震度5~震度7までの地震に調節可能

こんな感じですね^^

このスイッチ断ボールは「株式会社エヌアイビーネット」さんが公式の正規販売店となっています。

販売ページはこちらより確認できるので、まだ通電火災の対策ができていないという方はこちらよりチェックしてみてください。

※近年の地震増加のより、対策をされる方が増えている為、在庫があるうちにチェックしておくのをオススメします。

3,000円で家族の命を守ります!

スイッチ断ボールの口コミ

最後にこの商品を実際に使った方の口コミも一緒に紹介しておきますね^^

TVで紹介していたのですぐ購入
最近地震が多いので防災意識が高まっている時にTVでこの商品を見ました。玉が落ちるだけというシンプルな設計ながら、通電火災の対策はバッチリという機能性、そして価格も手頃だったので購入。あとは玉が落ちることが無いことを願います・・・

実家と私の家に設置しました
私は大阪在住、実家が熊本という地震の影響を過去に受けた場所なのでTVで見たこれを買いました。私(30代)も父(60代)も簡単に設置ができたので、誰でも簡単に対策できるのでオススメです。とにかく地震が怖い・・・これを使う事がありませんように。

価格が安いこっちを採用!
これまで似た商品(名前は伏せます)を使っていましたが、スイッチ断ボールより価格が高く(2個分)設置も説明書見ながらやっても難しいので、こちらに乗り換えました。とにかく玉が落ちたら電源遮断というシンプルイズベスト!実家や友達にも勧めています。

というわけで、実際に購入した方の口コミを見ても

  • 簡単
  • 手軽
  • 安い

という口コミが多く評価が高かったです。

そもそも「消防防災製品推奨品(特許取得済み)」というだけで、かなりの安心感がありますよね。

口コミの中に、大阪と熊本という方がいましたが、僕も去年までは熊本にいました(今は大阪)ので、気持ちは良くわかります。

ほんと地震は怖い・・・
この玉が落ちないことを僕も願うばかりですが、「備えあれば憂いなし」という事で、起こってからじゃ遅いので、動ける今しっかり対策をしておきましょう!

-生活情報、雑学

Copyright© メンズサベッジ , 2019 All Rights Reserved.