ライフ

やばい!10億人分の居住地が沈没?温暖化で海面がじわじわ上がってくる

更新日:

地球温暖化についての問題は、結構前からTVなどでも取り上げられてきていますが、今回はとうとう海面が上昇するという危険がより具体的になってきているのを見つけました。そうなると、10億人分の居住地が水中に沈む・・・考えたくないですがこれが事実です。

目次

温暖化で海面が上昇する恐怖

普段目にする海って雄大でキレイで癒しというのが僕の個人的な考えですが、自然災害として時に牙を向く事もあります。今回の海面上昇の話は人間がやってきた事が原因なので、言わば自業自得です。でも事前に知っておくことで自分の身は自分で守るという観点で読んでもらえればと思います。

地球温暖化の歴史と原因

そもそも、温暖化に関しての問題は、1970年代という事で当時は二酸化炭素が原因として地球温暖化の問題が取り上げられたそうです。

地球温暖化の原因としてとして考えられているのは『ガス』と言われていますが、ガスにもいろんな種類があります。温暖化に関連しているガスとその割合はこちらです。

[check_list image="check1-gr"]

  • 二酸化炭素:76%
  • メタンガス:16%
  • 一酸化炭素:6%
  • フロンガス:2%

[/check_list]

この様に二酸化炭素が割合的には一番高いんです。

温暖気と寒冷

日本で四季(春・夏・秋・冬)があるように、地球にも温暖気と寒冷気というのがあります。四季は一年間で切り替わりながら進みますが、この地球規模の2つのサイクルは数万年単位ということで、これは宇宙の中で地球の位置にが自然に変わっていく事で、太陽からの光・熱の量の影響と言われています。

最後の温暖気は12万年前

もう数字が大き過ぎてどれくらいなのかピンと来ませんが、アメリカのオレンゴン州立大学の研究結果で、地球で発生した最後の温暖気が12万5000年前という発表があり、その当時は今より海面が6~9m高い位置にあったとの事。

そして、現在の海面温度と12万年前の温度が似ているという事で今回の問題が懸念されているという事です。つまり、これから約10m海面が上昇する可能性があるという事です。

10億人の居住地が沈む

海面の温度、つまり水温が上がれば北極などの氷が解けます。その分水かさが増すのは当然の事なので、その結果、今後10数年で海面が少しずつ上がり、10億人分の居住地が沈没する危険があると言われています。具体的な数字としては6m以上という事で考えられているようです。

6mってどれくらい?

[icon image="arrow1-gr"]高さ:ビルの2階くらい
[icon image="arrow1-gr"]横:軽自動車2台分くらい

イメージしやすいよう、ビルと車で例えてみましたが、6mと一言で言っても結構な影響力がある事がわかると思います。今お住まいの家が二階建てなら、丸々沈むと思うとよりイメージしやすいかもしれません。

まだ時間はある

温暖化問題は今に始まったことではなく、数十年前から言われている事です。それでも文明が発達し様々なエネルギーを人間が使えば、かならず環境汚染が進み、この様な問題がでてきます。

温暖化で海面が上昇するのは、もう時間の問題だと思いますが、それでも進行を遅らせる事で様々な対策を考える時間は稼げると思います。

個人レベルで出来る6つの温暖化対策

時間稼ぎが目的という事に限らず、一気に海面が上がらないようにあくまでも限りなくゆっくりと水面を上昇させるために日頃から温暖化について意識する必要があります。ここでは個人レベルでもできる6つの温暖化対策を紹介しますので是非参考に実行してください。

基本的には二酸化炭素(CO2)が出るのを抑える事が重要ですが、この6つのポイントは節約にもつながり、地球だけじゃなく家庭の経済的にも優しいポイントになります。

[icon image="point3-1-b"]電源をこまめに切る
いわゆる消費電力を抑えるという事ですが、家電製品がポイントです。エアコンの設定温度や使わない電化製品はコンセントから抜く、テレビも主電源を切るという様な事がとてもエコにつながります。エアコンに関しては、暖房は20℃、冷房は28℃にすることで地球にもお財布にも優しくなります。

[icon image="point3-2-b"]排気ガスを抑える
排気ガスに関してですが、車やバイクなどのガスを抑える事です。停車中はエンジンを切るアイドリングストップも最近では良く言われていますよね。最近では電気自動車などハイブリッドカーもありますのでより良くなりました。近くへのお買い物は自転車や徒歩にすることでも排気ガスは出ませんし、軽い運動にもなります。

[icon image="point3-3-b"]エコバッグを使う
エコバッグを使うと何が良いかと言うと、レジ袋の消費が抑えられるという事です。レジ袋を作る時に石油資源が使われます。石油資源はペットボトルにも使われるので、水筒を持ち歩くなどでも抑える事ができます。

[icon image="point3-4-b"]ゴミをしっかり分別する
一般家庭からでたゴミは焼却施設に集めて一気に燃やしますが、分別をしっかりしておかないと、燃やすことに余計なエネルギーを使ってしまいます。そのため二酸化炭素をより多くだしてしまうので、自分がだしたゴミはしっかり分別するようにしましょう。

[icon image="point3-1-b"]節水
これも消費エネルギーに関しての事ですが、基本的な事で水をだしっぱなしにしない(歯磨き・手洗い)ことですね。お風呂でも、追い炊きしないで良い様に溜めたらすぐ入るなどで、消費電力を抑える事につながります。

[icon image="point3-1-b"]ガーデニング
お庭でもベランダでも植物を植えることで、その植物の光合成がはじまります。光合成をする事で二酸化炭素を吸収して別のものに変えてくれます。ガーデニングをすることで見た目もよくなりますし、エコ活動にもつながるのでオススメです。

まとめ

温暖化で気温が高いなどの話は前からあり、このままだと北極などの氷も解けるんじゃない?という話はありました。でも今回の様に具体的な6m~9mの海面上昇という話がでてきたという事は、本気で考えないといけない時だと思います。

個人でできる温暖化対策も紹介しましたが、温暖化に限らず、家計を助ける、健康的になれるなど様々なメリットがあります。どれか一つでもやらないよりはマシなので、参考にしてもらえたらと思います。

ちなみに僕はエコバッグです(笑)
※近所のスーパーはレジ袋を5円で売ってきますので・・・

-ライフ
-

Copyright© メンズサベッジ , 2019 All Rights Reserved.