シャンプーの注意点

ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Naの違い!こんな市販シャンプーに注意

更新日:

毎日使っているシャンプーですが、ほとんどの人が近所のスーパーやドラッグストアなど市販で購入していると思います。市販のシャンプーの中には、頭皮への負担が懸念されるちょっと心配な成分が含まれているというのを知っていますか?


市販のシャンプーのラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Naとは?

冒頭で書いた、市販のシャンプーに含まれるちょっと心配な成分というのは、

  • ラウリル硫酸Na
  • ラウレス硫酸Na

というものです。

名前がとても似てるので書くほうも分かりにくいのですが、現時点でリルとレルの違いという事だけでも言っておきましょうか。

後で詳しく書きますが、現時点でのこの二つの成分の違いとして

管理人
ラウリル硫酸Naがより安全に進化したものがラウレス硫酸Na

というイメージです。

それってどんな成分なの?

この二つの成分を分かりやすく簡単にいうと、シャンプーをした時の

  • さっぱり感
  • スッキリ感

というものが感覚的に分かり安いかと思います。

洗浄力が強く頭皮の脂や皮脂をスッキリと洗い落とす為、洗い上がりの感じに影響するものと考えてください。

逆に、汗や皮脂などの汚れをさっぱり落としてくれる半面、頭皮の皮脂を取りすぎてしまうことから、頭皮の乾燥につながってしまうと言われています。

頭皮の乾燥に関しては、髪の毛に関する別の記事でも書いている通り、

・頭皮の炎症
・頭皮の痒み

などの頭皮トラブルに繋がってしまいます。

経皮毒になってしまうという話も

経皮毒というのは、皮膚から有害物質を吸収して起こるアレルギーの様な症状の事です。似たようなものに、口から摂取する経口毒という言葉がありますが、これの違いは口か皮膚かどちらから毒性が体内に入るかという事です。

それではこ経皮毒について、なぜ今回のラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Naにそんな話があるのか?という事を次に説明して行きたいと思います。

ラウリル硫酸Naは分子が小さい

ということで、経皮毒について書いていきますが、ラウリル硫酸Naの場合は分子が小さい事から皮膚に吸収されやすいと言われているのが原因です。

つまり浸透ですね。

肌の美容液など、細かい成分が肌の奥までしっかり浸透!
という様なキャッチコピーと同じような事です。

ただラウリル硫酸Naというのが毒素という括りになるので、皮膚から吸収されるのは良くないと言われているという話です。

それが原因の全てではありませんが現在ではラウリル硫酸Na自体はあまり使われなくなっているそうです。
その代わりに、もう一つのラウレス硫酸Naが登場しました。

ラウレス硫酸Naなら大丈夫なの?

ラウレス硫酸Naの説明をする上で、まず始めにラウリル硫酸Naとの違いから簡単に説明しますね。

  • 刺激性を緩和
  • 分子量が大きい

この2つが大きな違いです。

つまり、刺激性が緩和された事で若干優しくなったという事と、分子量が大きくなることで、皮膚への浸透力が弱まったというのが大きな違いです。

この結果、経皮毒の心配が軽減されたという事です。

それでも
洗浄力はほぼ同じ
皮脂を取る力もほぼ同じ

という事なので、洗い上がりのさっぱり感などに関しては同じ様に体感できるという事です。

ここまで説明の為に経皮毒についての説明を含めて書いてきましたが、ここよりももっと注意するべき点があります。

経皮毒よりも髪質や頭皮の質を気にした方が良い

ラウリル硫酸Naとラウレス硫酸Naの違いを説明する上で分子の大きさという事がある為、経皮毒について書いてきましたが、

これについていろいろ調べた所、

管理人
経皮毒に関しての害についての研究結果がない

という事です。

もちろん体質によっては、上で書いたようにアレルギーの様な症状が出る可能性があるそうですが、まだ可能性の段階なんですよね。

つまり、経皮毒という言葉自体もまだ造語の段階なんです。

更に言うなら、アメリカの大学の毒物に関するレポートにこの様な話がありました。

「確かに兎の目にSLS(ラウリル硫酸ナトリウム)を滴下し,その後心臓や脳,肝臓から検出されたのは事実である。しかし,第一に,検出されたのは極めて微量であった。第二に(SLS溶液は滴下後)96時間たってから洗い流された(時のデータでしかない)。」

実験自体が極端な例なのですが、僕が気になるのは検出された結果その後どうなったのか?という事です。ここで言ってる事は、毒から浸透した結果検出されたという話ですよね。

つまり、今回の経皮毒に関しては、ここまで長々と説明してきましたが僕の個人的な考えでは、『だからなんなんだ!でどうなるの?』という印象です。

しかし、シャンプーというのは毎日やってることです。僕もここ30年以上毎日シャンプーはしている事なので、微量なものでも蓄積された結果・・・という事も考えられるかもしれません。ただこれよりも僕はもっと身近な問題を考えた方が良いと思います。

という事で一旦、経皮毒の話はここで置いといて、僕が考えるべきは髪質や頭皮の質を気にした方が良いという事です。

ラウリル硫酸Naもラウレス硫酸Naもどちらも洗浄力が強く、頭皮の脂などを除去する力がとても強いという事は最初の方で書きました。

つまり、頭皮が脂ギッシュな方ならこれでちょうど良いという方もいるかもしれませんが、もともとが乾燥肌の人だと余計に、乾燥してしまい頭皮トラブルを起こす可能性が高いと言えます。

もともと頭皮の皮脂というのは、紫外線から頭皮を守る役割もあるので多少は必要なんですよね。

逆にこれを取りすぎてしますと、頭皮の防御ができないのもそうですし、体から『皮脂が足りない!』という指令がでて余計に分泌されてしまいます。

美容師さんはこう言ってた

僕が行く美容室で、ふとした事でこの事について聞いてみたのですが、結論としては使わない方が良い!と言ってました。

その話というのは、経皮毒がどうのというよりも

髪の毛が痛むという事を言われました。もちろん、成分自体の毒性が強いとかも言ってましたが、現時点でこの毒性の害についても僕が調べた中では上で書いた通りなので・・・

美容室のシャンプーは、髪の毛に優しいものなのは分かりますが、高いので僕は滅多に買わないのですが、この話をした時は特に勧められました(笑)若干営業トークなのかな?とも思いましたが、長いこと行ってる所なので信じているつもりです。

まとめ

ということで、今回は市販のシャンプーに良く含まれる成分の

  • ラウリル硫酸Na
  • ラウレス硫酸Na

この二つの成分の違いと、考えられる危険についてまとめてみましたが、ネット上で言われている事は、これらに含まれる毒性が皮膚から浸透していくから危険!というものでした。

しかし、この毒素がどんな影響を起こすのか?というのはアレルギーの様な症状ということと、どれくらい浸透したら症状がでるか?というのははっきりと証明されていません。

現時点で分かっているのは、皮膚から浸透して検出された!という事実がある事だけです。

それなら、もっとはっきと分かっている
洗浄力の強さからくる頭皮への刺激
皮脂を取りすぎることによる乾燥

の方を僕は気をつける方が良いと思います。

一番気になるのは、これらの成分が含まれた市販のシャンプーって何?という事かもしれませんが、これについては

害がしっかりと立証されていない
営業妨害になるかもしれない

という事で控えたいと思います(汗)僕自身も専門家でもなんでもない一般人なので・・・

ただこの市販のシャンプーでは何に含まれているか?という事ももちろん調べました。ここで商品名は出せませんが、こういったやつです!というのはヒントを書いておきます。

さっぱりするもの
洗浄力が強いと言ってるもの

そのままです。

テレビCMなので、すっきり爽快!という感じで言ってるものは、だいたいこれらが含まれてました。

なので、今後市販のシャンプーを買いに出かけた時にでも、裏面の成分を見てみてください。

ここで注意なのは、

  • ラウリル硫酸Na
  • ラウレス硫酸Na

とストレートには書いてありません。

『○○ラウリル硫酸Na○』という感じで前後に何かしらがついているのが多かったです。

という事で、今回は終わりですが、頭皮トラブルに関係がありそうな成分というのは確かなので今後のシャンプー選びなどの参考になればと思います。

管理人
こちらの記事もオススメ

⇒シャンプーの回数が抜け毛と関係しているって本当?

管理人
あなたはどのタイプ?薄毛につながる20個の原因総まとめ

⇒こんなに?男性の薄毛の原因まとめ!抜け毛や薄毛に悩む前にやること

-シャンプーの注意点

Copyright© メンズサベッジ , 2018 All Rights Reserved.