ライフ

枕の臭いの原因は加齢臭?30代の男性特有の臭いがあるって本当?

更新日:

いつも通りに寝ると、ふとした時に『この臭いなんだ?』と思うことありません?なんか汗とも違う微妙な臭い・・・仰向けで寝ていればまだ気にならないけど、枕にうつ伏せになった時に『うわっ!』と思うあの臭いについて調べてみました。


という事で、枕の臭いに関する悩みとしては、

[icon image="arrow1-gr"]寝る時に男の枕が臭いと感じて眠れない
[icon image="arrow1-gr"]これはなんの臭い?加齢臭?

という事があると思うので今回はここについていろいろと対策を考えていきましょう!

枕の臭いに関係しそうな臭いについて

[icon image="check-b-r"]
嫌な臭いの種類として、大きく分けると三つの世代臭があります。

・20代から30代までの間は基本的に汗の臭いがメイン
・30代から汗+ミドル脂臭+プチ加齢臭
・40代から加齢臭が始まる

という風に臭いにも3つのタイプがあり、人間が発する臭いは年齢と共に変化していくのですが、これを今回の枕の臭いに当てはめて考えることができます。

原因はミドル脂臭?

[icon image="point-b-r"]
[icon image="finger1-r"]30代,40代がピーク
[icon image="finger1-r"]加齢臭はとはまた違う

加齢臭が臭う場所というのは皮脂の多い部分、主に胸、背中、脇、へそ、デリケートゾーンといわれています。もちろん頭や顔も発生はするのですが、皮脂が酸化することで起こる加齢臭なので、皮脂が多ければ多いほど、酸化する量も増えることから臭いがきつくなるということです。

皮脂腺が多い場所をもっと簡単に言うと、『毛が生えてる部分』というのが一番簡単だと思います。最低限ここだけでもしっかりケアすることで、臭い放置の問題は軽減できると思います。

今回はこの加齢臭とは別の
ミドル脂臭というのがポイントなんですが、ミドル脂臭が発生する場所というのが

[icon image="arrow1-gr"]後頭部
[icon image="arrow1-gr"]頭頂部
[icon image="arrow1-gr"]首の後ろ

という事です。つまり、枕との接点がある場所なので枕の嫌な臭いの原因としてはかなり信憑性が高いと言えます。もちろん、顔の皮脂が付着することでも臭いを発生しますが、これらが混ざることでより臭くなるという事です。

ミドル脂臭を簡単チェック

あくまでも目安ですが、10個のポイントに当てはまるかどうかで、枕の臭いの原因とされるミドル脂臭がでているかの

チェックができます。

[icon image="arrow1-gr"]頭や首の後ろがベタベタする
[icon image="arrow1-gr"]野菜よりも肉主体の食生活
[icon image="arrow1-gr"]間食や就寝前に食べる事が多い
[icon image="arrow1-gr"]ストレスが溜まっている
[icon image="arrow1-gr"]汗っかき
[icon image="arrow1-gr"]メタボ、太り気味という自覚がある
[icon image="arrow1-gr"]食事が不規則
[icon image="arrow1-gr"]運動不足の自覚がある
[icon image="arrow1-gr"]疲労が溜まっている

簡単ではありますが、当てはまる項目が多ければ多いほどミドル脂臭を発生している可能性が高いです。

ミドル脂臭の何が臭いのか?

汗臭なら汗、加齢臭はノナネールという様に臭いの元となるものがありますが、ミドル脂臭に関しては何が臭いのでしょうか?

[icon image="finger1-r"]ジアセチルという物質
このジアセチルというのは、汗に含まれる乳酸がブドウ糖菌に分解されるときに発生するものです。この時に脂っぽい

汗がでることで臭いがする為、男性特有であり、加齢臭とは別と考えられています。

発生する部位は上でも紹介した通り、
・後頭部
・頭頂部
・首の後ろ

となるのでここが一番密着する部分に臭いが映ることが簡単に予想できますね。上で挙げたチェックリストを元に当てはまる場合は、それらを改善することでこの臭いを抑える事ができます。

ここからは具体的に何をすれば良いか対策について紹介したいと思います。

食事で改善する方法

[icon image="arrow1-gr"]みかんを食べる
クエン酸を含む柑橘系の果物が乳酸の分泌を抑える効果があるということで良いといわれています。他にもお酢や梅干も良いと言われているので、ごはんに梅干をのせて、食後にみかんをデザートと考えれば比較的簡単にできそうですね。

[icon image="arrow1-gr"]ジャンクフードやお菓子を減らす
栄養バランスの問題という事で、僕はマクドナルドが好きなので大きなことは言えないのですが、脂肪分を多く含む食品や甘いもの控えることでも乳酸を抑えることができます。基本的に和食がオススメという事なので、ケンタッキーも大好きな僕はいろいろと考えなければなりません(汗)要はバランスです!食べ過ぎると良くないという事です。

[icon image="arrow1-gr"]辛いものも注意
これも僕はひっかかるのですが、ラーメンやうどんには結構大量な一味を入れます。なんでも辛口が好きなのですが、確かに食べてて汗を良くかきますね(汗)臭いを抑えるためにはこれらも注意が必要という事です。

日常生活で改善する

[icon image="arrow1-gr"]植物性由来のシャンプーを使う
シャンプーに限らずボディソープもそうですが、植物性由来(カンゾウ・ケイヒ・フラボノイド)が含まれたものが臭いを取るのに効果があると言われています。しっかり洗うのがもちろん大事ですが、それ以上にすすぎをしっかりすることが重要です。洗い残しがあると、それらが毛穴に詰まることで嫌な臭いの原因となります。

[icon image="arrow1-gr"]適度に汗をかく
運動不足の項目がこれに当てはまりますが、激しい運動は汗をたくさんかいて乳酸も出るので、少し汗をかくくらいのウォーキングが良いです。サウナや半身良くでも程よく汗をかいて、血行がよくなり代謝もあがる事で臭いの発生の予防につながります。

[icon image="arrow1-gr"]良く寝る
不規則な生活や睡眠不足などから疲労が溜まると乳酸も増えると言われています。これと同時にストレスもそうですが、日々の疲れを溜めないようにしっかり休息は取ることと、ストレスも溜めないためのリフレッシュタイムを作るのが良いです。

まとめ

今回は枕の臭いという事で、要因となるのはミドル脂臭という事についてまとめてみましたが、枕に限らず布団や毛布なんかも同じ様な事になりかねませんよね。あくまでも一番長時間、頭に密着している可能性が高いのが枕なので、他のものよりも臭いがうつりやすいという事です。

改善方法として、食事と普段の生活を紹介しましたがどちらもそこまで難しくないので対策としては簡単ではないでしょうか。この二つもそうですが、お風呂タイムなどでしっかり洗うだけでも臭いが取れて気分的にもスッキリすると思います。

おまけ

ファブリーズやリセッシュなど『シュっとして丸洗い』みたいなキャッチフレーズがCMで流れていますが、あれって上からかぶせているイメージで汚れは落ちません。除菌効果などはもちろんありますが、付着した皮脂などの汚れは洗濯等でちゃんと洗わない限り、シュッとしたくらいじゃとれません(汗)

-ライフ
-

Copyright© メンズサベッジ , 2019 All Rights Reserved.