ライフ

30代から始めるNHK!ストレス対策に有効な三つのキーワードの秘密?

更新日:

ストレス対策の合言葉として考える『N・H・K』というのを知ってますか?NHKと言えばアレでしょ!と思う方もいると思いますがたぶん思っているのと違いますよwヒントはストレス対策として考えるという事です!

ストレス対策のNHKとは

まず始めにNHKと言うと、

[icon image="arrow1-gr"]日本放送協会(TV局の定番)
[icon image="arrow1-gr"]日本引きこもり協会(NHKにようこそという漫画)

という2パターンを考えると思いますが、ここで紹介するNHKというのは、

[check_list image="check1-gr"]

  • N:寝る
  • H:話す
  • K:気分転換

[/check_list]

のNHKです。

労働者の60%がストレスに悩む

厚生労働省が5年間で1回だけ調査する『労働健康調査』の結果60%の人がストレスで悩んでいるという結果がでたそうです。60%っって半分以上じゃん!ビックリしたわけですが、仕事のストレスが原因で鬱などの症状に進展することもあるので、しっかり対策しなければなりません。

精神的なストレッチが大切

仕事による体の疲れは、ゆっくりお風呂にはいったり休むことで回復しますが、心の疲れというというのは根本が解決されないとなかなか解消されないんですよね。僕も過去に仕事のストレスで、足むずむずという変な病気?になって睡眠不足になることがありましたが、その時にはじめてストレスの怖さを知りました。

一般的に心のケと言われる事ですが、具体的に何をすれば良いのかというのを一つずつ紹介したいと思います。

N:寝る

[icon image="arrow1-gr"]1日6時間以上寝る
サービス残業が問題となる現代ですが、これが原因で過労死という言葉も良く聞きますよね。一般的な会社の労働時間が8時間ですが、残業をした結果、月の労働時間が80時間を越えると『過労死ライン』と言います。このラインに達すると、1日6時間の睡眠をとることが難しい状況になるという事です。なぜ6時間睡眠をすすめるのかというのは、それ以下の場合、脳や心臓の病気を発症するリスクが高くなるという理由があります。

H:話す

[icon image="arrow1-gr"]精神的な不調の早期発見
一番は『人に話すとスッキリする』という事なのですが、自分では自覚していなくても、人と話すことで『気づいてもらえる』という事も重要となります。僕もそうですが、自分ではストレスを感じていないと思っていても、回りから見ると様子がおかしいと思うことがあるそうです。早めに気づいて対処することで、鬱になる要素を減らす事もできますし、まずは自分をいじめない(結果的に)という事にもつながります。

K:気分転換

これが簡単な様で難しい事かもしれませんがおそらく心のリラックスとしては一番重要な事だと思います。自分がやってて楽しい!と思える時はいろんな悩みから解放された事が実感できる瞬間ですよね。でもストレスを抱えてる状態となると、常に頭で何かしら考えている状態なので、そんな余裕がないというのも分かります。それでも、週に1回程度もしくは仕事が休みの日は、自分の好きな趣味などの時間を作る事が大切です。

基本的な事だけど大事な事

NHKという三語を使って紹介しましたが、とても基本的な事ですよね。でもストレスがかかりすぎて余裕がなくなると、ここを削って自分が余計に辛くなるんです。先ほど軽く僕の体験談に触れましたが、僕も仕事のストレスが原因で鬱になりかけた話をちょっとしたいと思います。

管理人エピソード

僕は30年生きてきた中で、いろんな仕事や人間関係を経験してきました。不良やアウトローな方達の知り合いもいますし、普通に生きてきたら経験しない様なきつい事もありました。それでも鬱になった事はなく、そもそも鬱って何?というくらいしか考えた事はありませんでした。

そんな僕が過去に働いた職場、本当に頭の悪い上司がいた職場がありました。仕事はできないくせに文句しか言わない。これはあるあるかもしれませんが、それでも職種が好きだったので、クオリティは落としたくないので一生懸命やりました。仕事を家に持ち帰る事も多く、それも好きな仕事だからできたことなんです。

ただ、ある日なにかがプツンと切れる感じがして一気にやる気がなくなりました。『俺なんでこんな事してるんだろう』と思うようになったんです。というのも、

[icon image="arrow1-gr"]責任の擦り付け合い
[icon image="arrow1-gr"]結果がでないのは誰々のせい
[icon image="arrow1-gr"]朝一からの説教ミーティング

もちろんこれもあるあるなのですが、それを言う人間が一番使えない人間という事なんですよね。そこでなんで俺はこんなところで仕事してるんだろう。。。という疑問が生まれ仕事に行きたくなくなりました。それでも、『好きな仕事』という事で、上司の事や人間関係は考えずに仕事をしに会社に行ってたのですが、その頃から夜眠れなくなったんです。

いわゆる『足ムズムズ』というやつで、何もいないのに体や足を虫が這ってるような感覚になる症状です。これが気になって病院に行ってみたらストレスの影響と・・・更に知り合いに診療関係の先生がいたので相談してみると、人生で始めての『軽い鬱』と言われました。

僕の中では、ただやる気が起きない~という感覚でしかなかったんですが、友達や家族からは

[icon image="arrow1-gr"]顔色悪いよ
[icon image="arrow1-gr"]痩せたね~
[icon image="arrow1-gr"]目が死んでるよ

と良く言われる様になりました。会社にその事を相談したら、やる気がないとか気合が入ってないとか(笑)今考えたら、本当になんでそんな所で働いてたんだろうと思いますが、結果的にはいろいろ自分の限界というか、鬱などを知るきっかけになったと思っています。

まとめ

僕自身のエピソードもまじえて、ストレスの怖さと対策に役立つ基本的なNHKについて紹介しましたが、本当に舐めてかかると後が辛いです。自分は大丈夫!と考えて僕も今回の事では学んだので是非同じような方の参考になればと思います。NHKの中でもHが一番僕はしっくりきました。もちろん友達や家族です。人と関わりたく時期もありましたが、結局最後に助けてくれる人は人でした。

人と関わりたくない時はゲームでもして引きこもるのも僕のオススメです(笑)

-ライフ
-,

Copyright© メンズサベッジ , 2019 All Rights Reserved.