商標登録について簡単に!種類や申請の流れを分かりやすくまとめてみる

商標という言葉は聞いた事があると思いますが、細かくこれって何?と思った事はありませんか?簡単に言うと商品名みたいなものですが、最近では物以外にも商標登録されるものがでてきているので、今回はこれについて調べてみました。

そもそも商標って何?

商標ってなんだ?という方の為に簡単に紹介しますが、上でも書いた通り商品名みたいなもので、『商品につける標識』というイメージですね。

え?じゃあ商品名と何が違うの?と思いますよね。
これについてはとても簡単に言うと、名前とロゴの違いみたいなイメージです。

商標として認められるのは
・文字
・図形
・記号
・音

という事で、マークや標識という感じになります。

商品名というのは文字通り名前なので文字になりますよね。

更に著作権の様な権利の問題も変わってきて、
・商標の場合は無断で使用できない
・商品名の場合は、無断(全てではない)で使用可能。例えば、肉とか野菜というのは商品名になるし、様々な場所で使われるの言葉ですよね。そんなイメージです。

商標の種類は?

商標として認められるものを上でちょっと紹介しましたが、もっと分かりやすく簡単に紹介したいと思いますので、種類別で例を出して見てみましょう。

 文字商標
その名の通り文字でできている商標ですね。分かりやすく例えれば、マクドナルドの『McDonald’s』という文字が商標という事です。

 図形商標
これは図形という事でロゴの様なイメージですね。マクドナルドならあのMという字に英語の文字が入った黄色と赤のマークですね。

 記号商標
これもロゴに近いのですが、良く目にする分かりやすいものは

ミツカンのこの感じですね。

 立体商標
立体なので、人形や容器という事になります。分かり安いものは、キューピーの人形やケンタッキーのおじさんとかですね。

ここまでが昔からある商標登録できる種類だったのですが、2015年の4月より、新たに5つの商標が登録できるようになりました。

 色彩商標
単色または、複数の色の組み合わせに対しての商標です。分かり安いものは、モノ消しゴムの青と白のライン。セブンイレブンの色の組み合わせがあります。

 音商標
音声や音に関する商標で。リポビタンの『ファイトー一発ー!』というのが登録されています。

他にも、
・動き商標
・ホログラム商標
・一商標

という様に9種類の商標があります。最後の3つに関してはピンとくるものがなかったので省略しましたが、こういうものもあるという事です。

どうやって商標申請するの?

この記事ではあくまでも商標について簡単に紹介するのが目的なので、とても細かい所までは書きませんが、ざっくりと5つステップに分けて紹介したいと思います。

商標登録という名前だけ聞くとなんだか難しそうですし、それを代行してくれる業者もありますがその分お金もかかります。やろうと思えば自分でもできるレベルの事なので、早速みていきましょう。

手順1:他の人とかぶっていないかの確認

自分が登録したい商標が他の人とかぶっていないかの確認をまずします。
せっかくなので確認方法も載せて置きますが、特許情報プラットフォームにアクセスして、自分が登録したい商標名を入力して検索してみます。

赤枠の所は最初は特許になっていますので、商標に変更する必要があります。

画像の様に、検索してみると60件のヒットしたことが分かります。ここで一覧表示にすると、マクドナルドで登録されている商標の一覧を見ることができます。

ここでまずは他の方が先に申請していないかを確認してからになりますので、ここでかぶっていたら別のものを考え直す必要があります。

手順2:区分を決める

区分というのは、カテゴリーというイメージですね。分かりやすく例を出すとアマゾンのカテゴリーなら、おもちゃ、ブランド、ファッションとかそういう感じです。

区分は全部で45種類あるので、この中から登録したものとピッタリのものを探します。上で試しに調べてみたマクドナルドの場合は複数の区分で登録されていますが、一つ例を挙げると『区分30』がありました。


この『30』は菓子及びパンという区分でした。

この様に自分の登録した商品のカテゴリーを決めるのが区分という事です。

手順3:書類の準備

商標と区分が決まれば、次に申請するために必要な書類を準備します。これに関しては、特許庁のホームページで確認できますので、手順1のリンクから確認してみてください。

手順4:間違いがないか確認してもらう

書類の準備ができたら特許庁に電話して、準備した書類に不備がないかの最終確認をしてもらいます。電話確認で済む場合もありますし、FAXを送って添削しながら確認もしてもらえるようなので、ここで完璧に仕上げることになります。

手順5:いざ出願申請

最終確認でOKであれば、いよいよ出願という事になります。この場合普通に送るのではなく、『特許印紙』というものが必要になりますので、郵便局などで購入します。

最後に出願に関する費用ですが。
3,400円+(区分数×8,600円)という計算式で計算することができます。登録する区分が複数ある場合はその分8600円が上乗せされるという事です。

まとめ

商標について、商品名と何が違うんだろう?特許と何が違うんだろうと思ってなんとなく調べてみましたが、最終的に簡単にまとめるなら、やっぱりロゴとかマークという感じですね。

特許というのは権利という感じなのでまた別物になりますが、商品名と商標の違いは分かったと思います。だからと言って僕自身出願するようなものは持ってないのですが、将来そういう事があれば今回調べたことで、めんどうくさいけど自分でできない事はないというのが分かったので、その時は頑張ってみようと思います。

コメントを残す