生活情報

北朝鮮の核ミサイルは日本のどこが狙われる?落ちる場所の予想とは?

更新日:

北朝鮮が核ミサイルの実験を繰り返していますが、それと同時に日本を沈没させるという様な挑発的な発言もテレビで言われていますよね。今回は北朝鮮が日本に向けてミサイルを発射した場合どこに落ちるのか?という事を考えてみたいと思います。


日本でミサイルで狙われるのはどこ?

今回の記事もそうですが、一番は何事もないのが一番です。別の記事で

・戦争時の避難場所
・避難後の食料にも注意

と言う記事を書きましたが、今回はあくまでも予測です。北朝鮮が日本のここを狙う!という発言は当記事の執筆時点では確認できていないので、僕の予想という感じでとらえてください。

ただ、予想と言っても『適当にこの辺じゃない?』という事ではなく、北朝鮮の考え方ならここを狙うだろうという事をもとに書いていきたいと思います。




日本にミサイルが落ちるならここ?

北朝鮮の考え方ってニュースなどを見ていると、

やられたらやり返す
やられる前にやる

という感じの常に攻撃的な姿勢ですよね。

トランプ大統領ではありませんが、例えるなら北朝鮮ファースト!という様な自分が一番!という考え方だと思います。

そこから考えると、
アメリカが北朝鮮の核ミサイルの実験施設に攻撃する!
という話があったので、北朝鮮も同じように基地などを狙ってくると予想できます。

そうなると、
日本にある米軍基地がターゲットとして狙われる可能性があると考えられませんか?

さすがに北朝鮮も、誰もいない山奥よりも日本に対して、被害が大きい場所を狙うなら狙ってくると思いますので、そう考えた場合の一番の有力候補は在日米軍基地だと思います。

日本の米軍基地はどこにある?

これについて調べた所、日本には六ヶ所の米軍基地がありました。

  • 青森県:三沢基地
  • 東京都:横田基地
  • 神奈川県:横須賀基地、厚木基地、キャンプ座間
  • 山口県:岩国基地
  • 長崎県:佐世保基地
  • 沖縄県:普天間基地

今回の予想で考えるなら、特にこの6つの都道府県は注意が必要ではないかと思います。

僕の印象では、この中でも特に沖縄の普天間基地に関してはニュースでも良く上げられますし、東北や関東地区よりも北朝鮮から近いという事で、狙われやすいのではないかとも思います。

後は、長崎県も過去にアメリカからの原爆の被害にあったという事で、日本では一番辛い思い出というか過去がある場所でもあります。そこを北朝鮮が狙うことで、日本に大打撃という事もありえるかもしれません。

さすがにそこは・・・と思ってしまいますが、今の北朝鮮なら手段は選ばないと堂々と発言しているので可能性は0ではないと思います。ちなみに僕は九州なので、長崎にしても沖縄にしても近いのでとても不安です。

日本にミサイルと落とすならどこが効率が良いか

アメリカ軍の基地もそうですが、日本の首都を攻撃することで一気に制圧というパターンも想定できます。中国の三国志や日本の戦国時代と同じ様に、敵将を取ってしまえば戦争は終わりますよね。

つまり、
基地を攻撃して兵力、武器を無くす
首都、司令塔を攻撃して士気を下げて混乱を起こす

という事も考えられるのではないでしょうか。

  • 戦争に対抗できる設備
  • 指揮、政治の中心

などで考えた場合は上で挙げた中でもこの3つの地域がより狙われる可能性が高いと考えることができます。

東京都

東京は言うまでもなく日本の首都ですよね。海外に旅行に行った時にどこから来たの?と現地の人に尋ねられた時に

Japan!(日本からです)と言うよりも、Tokyo(東京からです)と答えた方が理解されるという話があるくらい、東京は世界的にも知られている場所なんです。

つまり、日本=東京という認識が強い場合は、日本を狙う=東京を狙うという事につながるのではないかと考えることができます。

沖縄県

次に沖縄ですが、まず普天間基地に関してのニュースが多い分、日本の中でも特に知名度が高い米軍基地ですよね。更に、日本における米軍基地の75%が沖縄にあるとも言われていますので、アメリカと日本に同時に被害を起こしたいならここを狙う可能性もあると考えられます。

神奈川県

神奈川県には上で紹介したとおり、三つの米軍基地があります。つまり神奈川県を狙ってミサイルを落とせば、3つの基地が破壊できるという事になりますので、ここを狙う可能性もあるのではという事です。

日本にミサイルが落ちた場合の被害について

最近の技術では災害などでの被害想定をシュミレーションできますが、今回の戦争によっての被害のデータも公開されていました。

※ちなみにこれから紹介する内容は2003年のウォーシュミレーションという書籍の一部なので、当時から10年以上経っている事から被害は更に拡大するのでは?という声もあります。

東京に核ミサイルが落ちた場合
死者42万人、被害者81万人

大阪に核ミサイルが落ちた場合
死者48万人、被害者88万人

というシュミレーション結果がでている様です。あくまでもシュミレーションなので、その時の人口密度や近辺の施設などで全然数字は変わりますが、考えるととても恐ろしいです・・・

こちらは核ミサイルの被害でのデータですが、ロシアで話題となった生物兵器や原爆を利用した水素爆弾など、様々な兵器の種類もあることから、これらの被害に関しては未知数だと思います。

ちなみ、生物兵器の場合は死者だけで180万人とも言われているので、もう想像もしたくないくらい恐怖感があります。

まとめ:平和を祈ってしっかり備える

これまで北朝鮮は何度もミサイルの実験を繰り返していたので、いつかこんな日がくるとは思っていましたが、毎日のニュースで戦争が始まるという認識がリアルになればなるにつれて頭がおかしくなりそうです。

仮に日本にミサイルが飛んできたとしても、着弾前に打ち落とすミサイル防衛システムがあるのですが、北朝鮮からミサイルが発射されれば5分~10分で着弾するとも言われている為、本当に大丈夫なの?と不安になります。しかし、国を挙げての防御は国に任せて、我々個人もしっかり準備しておくことが必要です。

  • 防災グッズ
  • 衣類
  • 食料
  • 貴重品

⇒【必須】避難する時に必要なものと必ずあった方が良い必需品はこれ!

これらは、戦争に限らず避難が必要な場合にスムーズに行動できるようにしておきたいものです。

最後に、こちらの記事

⇒ミサイルが飛んでくる場合はどこに避難すれば良い?
⇒避難後の食料が放射線に汚染されていないか?
⇒ミサイル防衛は本当に大丈夫なのか?

も事前準備の一つとして参考にしていただければと思います。

-生活情報

Copyright© メンズサベッジ , 2018 All Rights Reserved.