使ってみた系の話

中田あっちゃんの『XENO』を買ってみた♪

更新日:

みなさんどうも^^
今回は人生初のカードゲームを買ったので、ちょっと紹介したいと思います。

なんでこのアプリゲームの時代に今更カードゲーム?
と思う人もいるかもですが、なかなかシンプルで奥深いゲームっぽいので、ちょっと内容を見て行ってくださいまし♪

XENOってなに?

まぁ、まずはそもそも

との
どんなゲームなん?

って話ですよね。

映画のカイジを見た事がある人なら分かるかもですが、雰囲気は『Eゲーム』に似てる感じです。

そもそも僕自身がこれまでにカードゲームって、トランプとUNOしかやった事がないので、遊戯王とかそういうやつとの比較ができないんですけど、相手の心理や状況判断で戦術を変える奥深い大人のゲームって感じです。

というか、開発者のあっちゃんが実際メンタリストのDAIGOさんと対戦してる動画があるので、時間があったら見てみてください。

XENOのルールは?

たぶん、ここでガッツリ文字で説明してもややこしいと思うので、できるだけわかり易くサクっとまとめますね^^

ポイントとしては、

  • 全部で18枚のカード
  • 1~10までの数字がある
  • 最後に数字が大きいカードを持ってた方が勝ち

って感じです。

流れとしては、お互い保持できるカードは1枚のみで、一枚引いて一枚捨てるを繰り返して、最後に残ったカード同士で数字が高いカードを持ってた方が勝ちというルールですね。

それだけだと面白さが伝わらないと思うので、個人的に買うきっかけになった『特殊能力』の話を紹介したいと思います。

XENOのカードが持つ特殊能力

なんかタロットカードみたいで個人的にカードのデザインが好きです♪

上で書いた通り、XENOには全部で18枚のカードがあります。

・1~8までのカードが2枚ずつ。
・9と10が1枚ずつ。

計18枚です。

との
この1から10にそれぞれ特殊能力が付いてるわけです。

一つずる書いてこうかな?と思ったけど、たぶん公式サイト見た方が分かりやすいし早いので、『XENO公式』で見てみてください(笑)

個人的に好きなカードは『2番のカード』です。

相手の手持ちのカードを言い当てたらその場で勝ちが確定する!!

ゲームしながら会話もOKなので、相手との駆け引きの中で、手札を推理したり場に出てないカードから相手の手札を推理したり、心理戦でもあり、論理戦でもあるこの感じがたまらないんじゃないかなと思います^^

XENOは価格も安いから買いやすい

との
XENOいくらだと思います?

答えを先に言うのは面白くないので、ちょっと予想してみてください(笑)

ちなみに、参考価格として、

  • トランプ:1000円前後?
  • UNO:800円前後
  • 遊戯王:数千円パック

ざっくりですが、こんな感じですよね。

で、話しを戻してXENOですが、

  • 中田あっちゃん開発
  • デザイナーが複数絡む

この時点でちょっと高そうなイメージしません?

との
では正解を見てみましょう!!


⇒AmazonでXENOを見る

めっちゃ安くないですか!?
最初、一番初めに載せたyoutubeを見て、速攻買おう!!
と思ったけど、アマゾンで金額見るまでは

との
これ絶対高いやろな・・・

って思ってました。

でも実際見たらこの金額なので一瞬でポチりました♪

この金額に関して、中田のあっちゃんは

金儲けは考えていない。
この時代にカードゲームが流行るのかを見てみたい

とコメントしていて、ん~その視点というか、あっちゃんなら言いそう・・・
と尊敬の眼差しというか、先を行く人って考え方が面白いなぁ~と感じました。

というわけで、人生初のカードゲームを買ってみた!という話でした。

まだちゃんと遊んでないので、また実践で気づいた事があったら何かしら書いてこうと思います^^

-使ってみた系の話

Copyright© メンズサベッジ , 2020 All Rights Reserved.