スキンケアコラム

男性の敏感肌とは?厄介な症状の原因や今すぐできる予防と対策方とは

更新日:

肌トラブルの一つでもある敏感肌についてどんなものなのか?そして何が原因で敏感肌になってしまうのか?という事について男性でも分かりやすくまとめていきたいと思います。男性の場合の肌の悩みはほとんどが脂性肌か乾燥肌と言われていますが、敏感肌に関しては誰しもがなりえる可能性があるので注意点が必要です。


敏感肌とは?どんな症状?

敏感肌というのは文字通り、『敏感な肌』という事でちょっとした刺激に過剰に反応することによって

  • 肌が炎症を起こす
  • かぶれる
  • ヒリヒリする
  • しみる

など症状が出るとなかなか厄介なものです。

そしてこの敏感肌に関しては2つのタイプがあります。
先天的敏感肌
後天的敏感肌

先天的敏感肌とは?
こちらの場合は、生まれつきの敏感肌というのが分かり安いのですが、アトピーやアレルギー体質の方の敏感肌の場合、先天的敏感肌と言われています。

後天的敏感肌
こちらの場合が、誰にでも起こる可能性がある敏感肌で、日々の間違ったスキンケアが原因となり肌へのダメージが蓄積されたり、季節などの環境の変化によって起こります。

その為、敏感肌の場合は生まれつきだと諦める方がいますが、上で書いた通り2つのタイプに分かれますし、敏感肌の比率としては後からなってしまう後天的敏感肌の方が多いと言われています。

なので、現時点で敏感肌かな?と思う方はこれ以上悪化させない為に、現時点では敏感肌じゃなくて良かったと思う方は間違ったスキンケアや油断していると敏感肌になる可能性があるという事を頭の片隅に置いておいてください。

敏感肌にいち早く気付くのが大事

敏感肌を感じる時の肌の状況はバリア力低下のサイン

今回は敏感肌の話ですが、別のカテゴリーで脂性肌や乾燥肌の記事でも書いてきましたが、肌の表面には角質層と呼ばれる薄い膜があります。

この角質層によって

  • 肌の水分の蒸発を防ぐ
  • 外部からの細菌を侵入させない
  • 紫外線や空気中に混ざったホコリなど様々な刺激物からのバリア

という感じの役割を持っているのが角質層です。

つまり、この角質層が正常に機能しない状態になってしまうことで、水分が蒸発して乾燥気味になったり、バリア機能が低下することで外部からの刺激に敏感になり、肌に様々なトラブルが起こってしまうとうのが、敏感肌の概要という事になります。

敏感肌にならない為に原因を知ろう

先天的な敏感肌に関しては、遺伝や生まれ持ったものなので多少仕方がない部分がありますが、後天的な敏感肌に関しては正しい知識とスキンケアによって予防したり対策する事ができます。

今は大丈夫でも油断していると敏感肌になるかも!?
という危機感を持って敏感肌の原因について見ていきましょう。

敏感肌の原因も2つのタイプがあります。

肌の外側にある原因
・間違ったスキンケア(洗顔)
・髭剃りの刺激
・紫外線
・ホコリや空気中の細菌

見て分かる通り、どちらかというと男性の方が敏感肌になる可能性が高いと思います。洗顔もゴシゴシ洗ったり、髭剃りは毎日する事ですし、紫外線対策の日焼止めなんて男性でやってる人は少ないですよね。

ここ最近では、メンズスキンケアとして洗顔後の化粧水や乳液などもありますが、過去の僕がそうだったように、男性の場合はめんどくさい!という気持ちがでちゃうもんなんですよね

買ってすぐの時は結構モチベーションだったりテンションも高いのでやる気満々ですが、仕事から疲れて帰ってきたり、1日空いたりすると「今日はいいや~」という感じになっちゃうものです。

ただ、これが敏感肌の外的要因としてあるのは事実なので、まずはこれが原因という事を頭の片隅にでも置いておいてください。

肌の内側にある原因
・ストレス
・睡眠不足
・食生活の乱れ
・生活習慣の乱れ

こちらも、どちらかと言えば女性は健康志向ですし、男性の方がリスクを背負ってると思います。

僕は現在30代ですが、この年代の女性は子育ての為に専業主婦になっている方も多いので、男性は仕事を頑張る必要がありますし、プレッシャーや責任感も一緒に重くなっていく年代でもあります。

その結果、若い時よりもストレスだったり、疲労が溜まったり、悩んで睡眠不足になったりすることもあれば、仕事の付き合いで外食が増えたりと敏感肌の原因となる要素をたくさん持っているんです。

これらの事が続くとなんで肌に悪いのか?
という話ですが、肌の新陳代謝(ターンオーバー)が上手くできなくなります。これがどういう事かと言うと、ちょっと前い書いた角質層の話になりますが、代謝活動をしながら肌の内側から外側に向けてどんどん作っては壊れを繰り返しています。

これが上手くできない事で、中身がスカスカの角質層になって、バリア機能や保水力が弱い角質層しかできなくなる事で敏感肌になるという事です。

一つ前で紹介したのが、肌の外側と言うことで外的要因でしたが、こちらは肌の内側の原因という事で内的要因という事になります。

男性の敏感肌は3つの対策が有効

ここまで読んで頂けれたら分かる通り、男性は敏感肌になってもおかしくないし、なる可能性が高いと言っても過言ではありません。

おさらいですが、

  • ゴシゴシ洗顔
  • 毎日の髭剃り
  • 日焼止めなど紫外線対策に興味がない

これらが一般的な男性あるあるだと思います。

これらに当てはまる人は敏感肌になる可能性が高いので、敏感肌になって肌のピリつきや吹き出物だったりかぶれたりする症状が出る前に、これから3つの対策方法を紹介したいと思います。

敏感肌の対策①刺激の少ない石鹸、洗顔料で優しく洗う

男性の場合は特に爽快感やサッパリ感を好む人が多いので、スクラブ入りやスースーするタイプの洗顔料を使っている場合は多いと思います。僕もそうだったのですが、脂性肌で皮脂が多い場合はまだ良くても、基本的に肌にとっては刺激物になります。

その為、前に書いたような角質層へのダメージやターンオーバーの妨害にもつながってしまうことがありますので、敏感肌になりたくない、敏感肌を改善したいという方は刺激の少ない洗顔料で、手ではなく泡で洗うという事から初めてみるのが良いです。

刺激の少ない洗顔料やどれが良いのか分からない!という事であれば、こちらの記事で男性向けの洗顔の選び方とオススメをピックアップしているので参考にしてもらえればと思います。

30代男性の洗顔料オススメBEST3!選び方や気をつけるポイントも紹介

敏感肌の対策②髭剃り後は化粧水や乳液でアフターケアを行う

次に男性なら毎日行っているであろう髭剃りですが、髭剃りの時に実は肌の表面も薄く削り取っています。つまり角質層にもろにダメージを与えているという事になります。

それを軽減する為に、まずはシェービングジェルを使うのが大事ですし、髭剃り後は肌が乾燥していますので、水分補給と保湿をするのがポイントです。これがメンズスキンケアとなりますが、洗顔はお風呂で一緒にできても、化粧水や乳液なんてめんどくさいと思ってしまいますよね。

そして、洗顔料と同じ様に化粧水もどれが良いの?という方もいらっしゃると思います。

なのでこの点に関しては、男性向けの化粧水の選び方やめんどくさい人にオススメの1つで全部できるオールインワンタイプの化粧水をこちらの記事でまとめていますので、こちらも参考にしてもらえればと思います。

⇒30代男性の化粧水オススメBEST3!選び方や気をつけるポイントも紹介

敏感肌の対策③男性でも紫外線対策はしっかり

こちらも女性の場合は、美白やシミ、そばかすを作らない様にUVカットとして日焼止めなどで対策をしていますよね。男性の場合はどうでしょうか?『日焼け止めなんて女のすることじゃー!』と思っていませんか?(笑)

僕は昔そう思っていました。田舎ですし同僚にも先輩にもメンズスキンケアをしている人がいなかったので尚更ですが、それ以前にあの日焼止めの化粧品臭い臭いが苦手だったんですよね。

ただ10代20代の頃は肌の代謝も良く修復が早いので良いのですが30代にもなると、なかなかあの頃の様にはいきません。紫外線を浴びることで肌のバリアは破壊されていくので、敏感肌もそうですが肌の代謝が間に合わないと皮脂を出して代用しようとするので今度は脂性肌になってしまう可能性だってでてきます。

なので、男性でも夏場は特に紫外線対策として日焼止めだけでも塗るのがオススメです。こちらに関してはも僕自身が男性用日焼止めについて知識が無かったので、同じ様にどれが良いか分からない人に向けて、男性の日焼止めの選び方やオススメをまとめているこちらの記事を参考にしてもらえればと思います。

⇒男性の日焼け止めの選び方!日焼け止めのSPFやPAはどうやって決める?

敏感肌の対策おまけ:睡眠もしっかり

最後に睡眠ですが、睡眠中に分泌される成長ホルモンによって肌の修復機能が高まります。敏感肌の原因として、肌へのダメージや刺激を書きましたが、しっかりした睡眠を取ることで、それらを修復してターンオーバーも正常に戻りやすくなります。

もちろん、食生活やその他の生活習慣なども大切ですが、まずは直接ダメージ元となる洗顔と髭剃り後としっかり寝るという事は完璧に抑えるのが良いです。

男性の敏感肌とは?原因と簡単な対策についてのまとめ

今回は、敏感肌についてどんな肌質で何が原因なのか?という事と、すぐに始められる予防策と対策についてまとめました。

男性の肌の悩みは圧倒的に脂性肌が多く、次に乾燥肌という傾向にありますが、

  • 乾燥を防ぐ為に皮脂が過剰分泌される脂性肌
  • 肌の水分が足りなくて起こる乾燥肌
  • 肌の水分が足りずに角質層も弱って起こる敏感肌

という感じで、名前は違っても同じ角質層が絡んで起こる肌トラブルです。

全てに共通して言える事は、間違ったスキンケアという事で肌への刺激と保湿不足というのがあります。今回はあくまでも敏感肌の概要と、優先的にやってほしい対策方ですのでまずはここから予防という意味でやってみるのがオススメです。

-スキンケアコラム

Copyright© メンズサベッジ , 2019 All Rights Reserved.